デジタルマーケティングの早わかり

デジタルマーケティングの早わかり

デジタルマーケティングって何?

まずは、「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」にはどんな違いを定義する必要がありますね。ここで、データドリブンオムニチャネルの解説を含めて、webマーケティングとデジタルマーケティングの違いを明確にしておきましょう。

デジタルマーケテインング

webマーケティングとデジタルマーケティング

自社のウェブサイトを中心に考えるマーケティングで、付帯するSNSやリスティング広告・SEO対策・メールマーケティング・ダイレクトマーケィングなどを活用するマーケティングのことのようです。そして、「デジタルマーケティングとは、見込み客を見つる・顧客を獲得するなど、自社ウェブサイトにとらわれることなく、webマーケティングより広域な概念です。ただ、売上が拡大すればどちらでも企業側は問題ないですよね。となれば、デジタルマーケティングに挑戦していかなければなりません。

ECでなくてもオムニチャネルを

デジタルマーケティングの特徴の一つにオムニチャネルという言葉がある。ECチャネルとリアル店舗をシームレスに融合させることです。データドリブンは、データーによって消費者を理解してアプローチするということになります。このだーたーとは、その後その後活用にも利用できます。つまり、簡単にデジタルマーケティングを解説するデジタル上のすべての手段を使って、マーケティングを行うことになります。
ですが、ですが、サイトでもなくてもシームレスにリアル店舗と結びつけるマーケティングが必要だと私は考えます。

デジタルマーケティングまずは、タグマネージャーから

マーケティングオートメーションを活用するには、高いハードルがありますが、タグマネージャーを活用して、タグをウェブサイトの編集することなく外部から操作できます。この作業により、Googleアナリティクスや Google AdWordsなど他サイトで発行された タグを登録ができます。変化するユーザーのWANTに速やかに対応することができます。

WEBコンサルタントからのアドバイス

ウェブからの集客が50%を超える企業であれば、このデジタルマーケティングにより、新しい顧客の開拓や他社よりより早い見込み客の獲得をねらったデジタルマーケティングが必要でしょう。
経済産業省認定 経営革新支援機関によるセミナー 長野市・松本市で開催