マーケティングを重視した経営コンサルティング

マーケティングを重視した経営コンサルティング

経営コンサルタントは、経営学を学び・最新の質の高い情報を収集したインプットします。そして、それを経営者の問題解決や向かう方向性に向けた最適な道筋や知識をアウトプットとなるナビゲーションを行います。ドラッカーは、マネージメントは人間の尊厳と言っています。弊社の経営コンサルティングは社員のモチベーションの向上と人材育成の視点から「経営改革」を支援します。そして、その経営改革を成功に導くために提唱するコンサルティング手法をご提案いたします。しかし、忘れてはいけないのは企業は、顧客との関係で成立していることです。そこには、地域社会との関係もあります。すなわち人間の尊厳を重視する経営では、社員をひとまとめに社員としてではなく、個々の人生というドラマの主人公という視点で経営が行われる必要性があります。そして、そこには、顧客様視点で考えるマーケティングとイノベーション(経営革新)が重要になります。 私たちは、社会をより良くする「良い会社」・「日本一に向けて成長を目指す企業」を経営コンサルティングとして、マーケティングを重視した経営コンサルティングを行います。
顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

ウェブサイトコンテンツづくり ウェブサイトは、通常の経営コンサルティングでは、多くのアドバイスができない。しかし、この時代、ウェブは経営に強く関わってくる。また。「良い会社」は、ウェブでもその優位に立っていることが多い。 以下の質問に沿って、考えてみましょう。以下の3項目は、多くの企業が陥っている販売についての間違ったアプローチです。 1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか? 2.あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか? 3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか? 1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか? 多くの見込み客が、あなたの考えるあなたの商品の優れた点を理解できるでしょうか?それらを説明しても見込み客は、「面倒くさい」「難しい」「ホントかな?」などと感じないでしょうか?顧客は、何かを購入した時に、その後の自己の変化を期待して、購買行動を起こします。あなたのアプローチにより顧客が見出す価値があります。 2. あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか? 絶対的な技術力の差があるのであれば、問題はありません。特に製造業などは、専門的なコンテツに価値を感じるでしょう。しかし、競合他社との差別化できれば問題ありません。そうでない商品や製品を扱っている企業では、早々差別化はできません。であるならば、販売方法の差別化を検討する必要があります。そして、清潔度・親切度・おもてなし度・デザインなどなどの部門で他者より優位なウェブサイトコンテンツを作成することをオススメします。 3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか? つまり、購入しなければわからない点だけを追求するより、顧客の購入前にフォーカスした、サービスを高められるコンテンツや実績などをアピールする必要があります。また、お客様の声などのコンテンツをウェブサイトに掲載する必要があります。 これらの内容はウェブマーケテインングというよりも基本的なマーケティングだとお考えください。
あなたの顧客は誰ですか? デジタルマーケティング

あなたの顧客は誰ですか? デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの時代から見えてくる顧客の抱える問題 ビジネスにおいて重要なのは、顧客を正しく知ることです? どこで、どんな顧客がいつ何を求めているか、ここにチャネルを通じてどのように問題解決のためのTOOLや自分を持っている「よりもっと」yという要求にを知る必要があります。それが見えてくるとマーケティングプランも信じられないほど高い成功率を収めることでしょう。そして、アドビは以下のようにアピールしております。 アドビはアナリティクス分野で3年連続リーダー ところが顧客理解に役立つデータはさまざまなシステムにサイロ化して保管されていることが多く、これらをまとめるのは非常に困難です。たとえ顧客情報を統合できたとしても、マルチチャネルに分散しているデータからアクションにつながるインサイトを導き出すには、時に大変な労力を要します。 ウェブマーケティングでは、不可能な領域 ウェブマーケティングでは、もはや変化する顧客の問題解決が何であるのかを知ることができません。時代は、デジタルマーケティングの時代です。顧客の問題を他社よりいち早く知ることで、その問題解決にコミットしたマーケティングが可能になります。長野県の企業様向けのデータドリブンの実施はATFにお任せください。 動画で見るデータ データドリブン

大切なのWEB SITEの周辺ウェブマーケティング

デジタルマーケティングを踏まえたウェブマーケティングを 多くの企業がウェブマーケティングを間違って行っているようです。SNSの活用は、時間的な問題もあり、SNS広告に絞って、購買時にユーザーにSNSを利用していただくようにウェブマーケティング活用する必要があります。デジタルマーケティングを踏まえて、SNSの活用は、ユーザーに拡散してもらいユーザーを営業マンとして活用することも考慮したい。 つまり、WEBを制作させるのではなく、WEBを利用して、企業全体のマーケティングのプラットフォームとして活用するべきではないだろうか?どんどん複雑になってくるWEB環境もウェブコンサルタントが俯瞰視して評価する必要がる。スマホ利用者をどう取り込むかが鍵となるでしょう。
P.F.ドラッカーの書籍

P.F.ドラッカーの書籍

私が読んだドラッカーの書籍のご紹介 コアコンピタンス:あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。最初に問うべきは、「我々の強みは何か」である。の名言から今回ご紹介している経営者に贈る5つの質問[第2版] 経営者に贈る5つの質問[第2版]まで 新訳 経営者の条件 (ドラッカー選書) マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 Amazon.co.jp ウィジェット

ウェブ制作は、ウェブ制作会社の仕事でははない時代

ウェブに強い経営コンサルテイングとは? ウェブ制作会社では、お手頃価格で、ウェブをきれいに仕上げてくれます。しかし、業績アップに繋がるツールとなるのでしょうか?長野市の多くの経営者が「ホームページはあまり効果がない」と私の質問に答えます。しかし、そのウェブサイトを見るとその答えが当然だとン納得せざる負えないものです。 それは、経営戦略・マーケティング戦略などまるで考えるていないコンテンツとなっています。今や経営の重要な要素となるウェブに力が入らない経営者は、まず、ウェブに強い経営者にご相談ください。 あなたのパートナとしての経営コンサルテイング 圧倒的に売上アップためのノウハウ・業績アップの情報などウェブだけではなく、まず、自社分析・競合分析・顧客分析・ターゲット設定、そして、ウェブを利用したビジネスモデルの構築が必要になります。多くの企業がいい商品を持っているのに「売り方」「伝え方」を知らないので、安定した業績拡大が行なえません。それは、ウェブや広告の使い方などのマーケティングを学んでいないからなのです。
販売力を高めるマーケティングセミナーご参加ありがとうございます。

販売力を高めるマーケティングセミナーご参加ありがとうございます。

11月28日長野市生涯学習センターでの販売力を高めるためのマーケティングセミナー沢山の方々によりご参加ありがとうございます。 11月29日松本市ソフト開発センターでの販売力を高めるためのマーケティングセミナー沢山の方々によりご参加ありがとうございます。 セミナー参加後に多くの方々に「THANK YOU」MESSAGEをいただきました。売り方を勉強することは経営者にとってとても大切な仕事だと私は考えます。

3つのマーケティングセミナー 11月28・29

何故、マーケティングセミナーなのか? 企業とお客様の関係でビジネスは成り立っています。また、キャッシュフローを円滑にしてくれるのも、銀行返済・給与の支払いなどすべて、現金によるものです。この現金を作るのには、投資・売上の仏用の要素しかありません。そして、その売上を大小を決定づけるのがマーケティングです。販売力を付けるセミナーでは、このマーケティングについて学んでいただきます。それは、私の出来る長野県への地域貢献でもあるのです。 長野市でコンサルティングに特化した経営コンサルティングを ウェブや広告・サイン・ロゴマークなど企業のデザインを含めて、お客様に集まってもらえる仕組みづくりを行う必要があります。そのためには、経営者がマーケティングの基本を学んで頂く必要があります。 長野市2回のマーケティングのセミナー・明日松本 本日11月28日(火)は長野市の生涯学習センターTOIGで13時からで、その次が長野県法人会の部会でセミナー講師をします。そして、明日は、松本市松本ソフト開発センターでセンターで時から行います。2時間話すとかなりの疲れができますが、頑張りたいと思います。おかげさまで予定以上の参加者に恵まれました。

WEB・広告で業績アップするには?

ウェブや広告で自社の業績アップを図るには? ウェブを活用して、業績アップを図るには、ビジネスモデルが競合他社分析や顧客分析から、自社の優位性や差別化が図られているのか?そのへんからウェブ制作のためのコンテンツや広告キャンペーンの企画を行います。また、ウェブに連携した様々なツールを利用して売上拡大やイベント企画も行います。 業績アップにコミットしたウェブ制作の実施へ 基本的にウェブ制作後は、ウェブ運営が必要になります。PDCAで湯ー〜あの評価をまず知り、ウェブを利用するユーザーの分析が必要になります。ユーザーの求めているものが分かれば、電気のスイッチを入れると部屋が明るくなるように、ウェブからのリアルな反応を得られます。 ウェブマーケティングの実施 ウェブ制作やウェブリニューアルを行っただけでは、その成果は望めません。ウェブ上のSNSやメールマーケティング・動画マーケテイングを活用することをおすすめします。 ウェブマーケティングMAP

経営コンサルティングの仕事

経営コンサルタントってどんな仕事をしてくれるの? 弊社の経営コンサルタント業務は、マーケティングを主体としたコンサルティングになります。しかし、このマーケティングには、経営理念やミッションなどから導かれるものが、現在のマーケティングを動かす原動力になります。つまり、中期3カ年計画などを立案して、ビジネスモデルなどの変更を顧客分析やポジショニングマップなどから導きます。 マーケティングとは? マーケティングとは、企業のすべての能力を結集して、ユーザーが集まり、ユーザーが自社を選択してくれる形に導くものです。ですから、企業理念が地域社会貢献・社員の幸せ・お客さまの幸せにコミットしていないと、より質の高いマーケティングは構築できません。 企業理念からマーケティングまで ですから、企業理念構築のサポートから、経営計画の立案、各マーケティングフレームワークづくりから、企業のコンサルティングを行います。
経営革新等支援機関セミナー長野市:販売力を高めるための マーケティング

経営革新等支援機関セミナー長野市:販売力を高めるための マーケティング

経済産業省認定 経営革新支援機関によるセミナー 長野市で開催 本気で販売力を高めたい経営者の皆様にマーケティングを知っていただく為のセミナーです これまで、私が日々出会った素晴らしい経営者の皆様でも、「伝え方が上手ではない」「マーケティングを学んでいない」と言われる方がほとんどでした。そこで、私が38年間行ってきたマーケティングの知識の中から、ローカル企業がやるべきマーケティングを是非、皆様に知っていただき、最も適したマーケティングを学ぶことで、長野県下の企業様に大きく成長して欲しいと考えております。 こんなことでお悩みの方がこのセミナーに参加すると、こんな解決策が見つかります。 セミナーお申込みはこちらから» セミナー「販売力を高めるための マーケティングセミナー」概要 内 容:これまで、私が日々出会った素晴らしい経営者の皆様でも、「伝え方が上手ではない」「マーケティングを学んでいない」と言われる方がほとんどでした。そこで、私が38年間行ってきたマーケティングの知識の中から、ローカル企業がやるべきマーケティングを是非、皆様に知っていただき、最も適したマーケティングを学ぶことで、長野県下の企業様に大きく成長して欲しいと考えております。 講師:籔田 博大「販売力を高めるための マーケティングセミナー」2時間 対 象 サービス業・販売関連・工務店・教育関連・保険業・製造業・医療関連・各士業など、BtoBでもBtoCでも 日 時 2017年11月28日(火) 13:00〜15:00[第5学習室] 会 場 長野市生涯学習センター TOiGO WEST 3F 第5学習室Googleマップを見る ※お車でお越しのお客様は、TOiGOパーキングをご利用下さい。(TOiGOパーキングをご利用の方は、1時間無料券が生涯学習センターから発行されます。) 講 師 株式会社エイ・ティ・エフ 代表取締役 籔田博大 参加費 無料(セミナー資料代別途:¥1,500(税込)) 定 員 20名 (先着順でのご対応をさせていただきます。定員になり次第、締め切らせていただきます。) 持ち物 セミナー当日は名刺を必ずご持参ください。 参加特典 「小さな会社のマーケティング ー 短縮版」「ホームページ制作ができる助成金資料」を先着20名様にプレゼントいたします。 講師紹介 株式会社エイ・ティ・エフ 代表取締役 籔田博大 HPリニューアルで140%売上UPを約束するマーケティングコンサルタントで成功率100%を誇る。 都内各地のセミナー講師としても活躍しており、工務店・医療・教育産業・サービス業・製造業の成功例が多数。 士業のウェブサポート・各専門家登録他、マーケティング歴38年。 応募方法 お申込み専用フォームに必要事項をの入力の上お申込みください。 お申込後のキャンセル・当日の欠席について 受講お申込み後のキャンセルは、セミナー前日(11/27)の17:00までに、お電話(0120-806-709)または、メールでご連絡ください。 資料代のお支払いについて セミナーで使用する資料をご希望の方は、資料代(1,500円/税込)をお支払いください。 また、資料代金はセミナー当日にお支払いいただきます。その際に領収書の発行をいたします。 本気で販売力を高めたい経営者の皆様にマーケティングを知っていただく為のセミナーです この度私は、ほおずき書籍から「小さな会社のマーケティング」(来春出版予定)という本を出版することになりました。この本は、小さな会社(およそ100名ほどから数名の会社)の経営者の皆様に向けた、マーケティングを活用した売り方を学ぶための本です。また、この本の内容をより多くの経営者の皆様に知っていただきたいと強く感じ、またお伝えしたいと思い、今回のセミナーを開催することといたしました。 くわえて、長野市に「マーケティングに強い経営コンサルタント業」を経済産業省からの認定を頂いた経営革新等支援機関としての事務所を開設いたしました。この開設に伴いまして、本を出版する前に、皆様に知って欲しいことをこのセミナーでご紹介いたします。 セミナーのお申し込みはこちらから 会社名 (必須) 業種 (必須) お名前 (必須) 全角文字で入力してください。 メールアドレス (必須) メールアドレス(確認用) (必須) お電話番号 (必須) 数字とハイフンのみ(すべて半角)で入力してください。 資料 ※セミナー資料代別途:¥1,500(税込)となります。 必要な部数をにゅうりょくしてください。 ..

補正予算の編成が表示されました。

あなたの業種に活用される補助金の良さが分かる 11月1日から補正予算の編成が指示されました。 自社のビジネスに関わる補助予算をご確認ください。 平成28年度経済産業省関連第2次補正予算(PR資料)(PDF形式:6,661KB) 来年は、既に表明されている本予算の概算要求と、 平成30年度 産業技術関係予算概算要求の概要(PDF形式:573KB) これから編成される補正予算が政策となります。
知らないと損する補助金

知らないと損する補助金

経営革新等支援機関の役割の一つ圃場金取得のための経営向上計画作成支援 補助金も来春には、ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金などがはじまるでしょう。その交付前に交付加点ポイントとなる経営強化法に基づく、経営向上計画の取得を早めに行うことをオススメします。この経営向上計画は、融資枠を広げる・固定資産銭の軽減・減価償却の一括処理などが可能になります。弊社では、経営革新等支援機関として、これらの目的で経営向上計画を作成される方の支援を行いま 補助金はまだまだあります
企業の成長はリスクを背負う経営判断から

企業の成長はリスクを背負う経営判断から

企業の成長はリスクを背負うことから始まる 経営、特にマーケティング戦略に100%成功を約束したものはありません。これは完璧などどこにもないということです。であるならば、スピード感がとても重要になります。企業の成長はリスクを即座に背負う経営判断が必要です。もちろん、プロジェクトやマーケティング戦略には、それなりに学習が必要ですが。自社のためにアドバイスやリスクの軽減・成功のための調査やアイデアを提供してくれるコンサルタントや一緒に考えてくれる経営の成功者の存在は重要です。 失敗こそチャンス!高速PDCAを活用する 「逆境こそ人間の成長する時」と稲盛和夫が多くの著書で書かれています。そして、柳井正さんは、「失敗こそチャンス」と言っています。プロジェクトやマーケティング戦略には、必ず大きな失敗といえるような壁が立ちはだかります。問題は、そんな時こそ、成功のチャンスだと考えることです。そして、常にPDCAサイクルを高回転して、問題解決をして目的を達成してください。 経営者の本気度が成功に導く プロジェクトやマーケティング戦略を成功させるには、人を動かす必要があります。それには、経営者の本気、すなわち情熱を伝える必要があります。社員の前で目標や目的を何度も伝える必要があります。また、他人の前でも公約することも必要でしょう。 リスクを背負ったら、行動力を加速させる リスクのことばかり考えていないで、経営者自ら成功のため、成長のため行動力を加速させる必要があります。すべては、この行動力から成功は導かれます。よく成功した経営者は「私は運が良かった」と話されます。この「運」について考えてみました。「運」とは、プラスの行動から起こるものだと私は考えます。そこで、PHILOSOPHY(哲学)を持つことです。このPHILOSOPHYこそが行動の原動力になるのではないでしょうか。
デジタルマーケティングの早わかり

デジタルマーケティングの早わかり

デジタルマーケティングって何? まずは、「デジタルマーケティング」と「Webマーケティング」にはどんな違いを定義する必要がありますね。ここで、データドリブンやオムニチャネルの解説を含めて、webマーケティングとデジタルマーケティングの違いを明確にしておきましょう。 webマーケティングとデジタルマーケティング 自社のウェブサイトを中心に考えるマーケティングで、付帯するSNSやリスティング広告・SEO対策・メールマーケティング・ダイレクトマーケィングなどを活用するマーケティングのことのようです。そして、「デジタルマーケティングとは、見込み客を見つる・顧客を獲得するなど、自社ウェブサイトにとらわれることなく、webマーケティングより広域な概念です。ただ、売上が拡大すればどちらでも企業側は問題ないですよね。となれば、デジタルマーケティングに挑戦していかなければなりません。 ECでなくてもオムニチャネルを デジタルマーケティングの特徴の一つにオムニチャネルという言葉がある。ECチャネルとリアル店舗をシームレスに融合させることです。データドリブンは、データーによって消費者を理解してアプローチするということになります。このだーたーとは、その後その後活用にも利用できます。つまり、簡単にデジタルマーケティングを解説するデジタル上のすべての手段を使って、マーケティングを行うことになります。 ですが、ですが、サイトでもなくてもシームレスにリアル店舗と結びつけるマーケティングが必要だと私は考えます。 デジタルマーケティングまずは、タグマネージャーから マーケティングオートメーションを活用するには、高いハードルがありますが、タグマネージャーを活用して、タグをウェブサイトの編集することなく外部から操作できます。この作業により、Googleアナリティクスや Google AdWordsなど他サイトで発行された タグを登録ができます。変化するユーザーのWANTに速やかに対応することができます。 WEBコンサルタントからのアドバイス ウェブからの集客が50%を超える企業であれば、このデジタルマーケティングにより、新しい顧客の開拓や他社よりより早い見込み客の獲得をねらったデジタルマーケティングが必要でしょう。 経済産業省認定 経営革新支援機関によるセミナー 長野市・松本市で開催