経営革新等支援機関とは?

経済産業省認定
経営革新等支援機関 とは?

中小企業支援の多様化・活性化を 図るために、中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う為の経営革新等支援機関を認定する制度です。

経営革新等支援機関とは?

この認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験を有する個人、法人、中小企業支援機関等を、国が経営革新等支援機関として認定することにより、経営分析や事業計画策定に係る中小企業による支援機関に対する相談プロセスの円滑化を図るものです。
近年、中小企業を巡る経営課題が多様化・複雑化する中、中小企業支援を行う支援事業の担い手の多様化・活性化を図るため、平成24年8月30日に「中小企業経営力強化支援法」が施行され、 中小企業に対して専門性の高い支援事業を行う経営革新等支援機関を認定する制度が創設されました。認定制度は、税務、金融及び企業財務に関する専門的知識や支援に係る実務経験が一定レベル以上の個人、法人、中小企業支援機関等を、経営革新等支援機関として認定することにより、 中小企業に対して専門性の高い支援を行うための体制を整備するものです。

経営革新等支援分野

融資枠の拡大・補助金申請・創業支援、事業計画作成支援、事業承継、M&A、生産管理・品質管理、情報化戦略、知財戦略、販路開拓・マーケティング、人材育成、人事・労務、海外展開、BCP作成支援、物流戦略、金融・財務、その他

ATFで行える支援内容

弊社で行える支援業務内容については、融資枠の拡大・補助金申請・創業支援、事業計画作成支援、生産性向上、情報化戦略、販路開拓・マーケティング、人材育成が主体になります。なお、弊社の専門外の支援については、専門家をご紹介いたします。また、ご支援させていただく内容の中でも、情報化戦略、販路開拓・マーケティングについては、特に得意分野となっております。インターネットを活用したマーケティングによりイノベーション・企業全体のマーケティング・ポジショニングなどターゲットを設定したマーケティング戦略のご相談もお受けいたします。