現実を受け入れてください!正しい情報はマスメディアの報道にはありません。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

現実を受け入れてください!正しい情報はマスメディアの報道にはありません。

新型コロナ

現実を受け入れてください。人類の全滅のときに当事者になることを・・・

経営について、新型コロナ対策を求められても、私自身、ビジネスのことより人類の問題だとこの問題を捉えています。命あってのビジネスです。人生です。もっと危機感を持って欲しいのです。シンガポール・NYからの私の同僚からの情報はマスメディアの報道よりリアリティがあり信頼できます。唯一、連絡の取れるNY在住の友人の話だと「広がるまであっという間」だったと言っています。

多くのNYで働いていたときの同僚とも連絡が着きません。

数人の同僚やその家族に電話・SNS・メールでは連絡がつかないのです。これはある意味世界大戦のようです。日本の田舎は安全かもしれませんが、世界の人々が平和でなければ私たちも平和に暮らせないのが今の世の中です。
ウイルスは、進化しているようです。長野県にいるとそれらのすべてが対岸の火事をようにも感じているかもしれませんが。もちろん、松本の夜の街など外出が少なったのも感じます。しかし、NYのあの光景は、やがて東京に移り、日本がどうにもならなくなった頃に長野にやってくるのではないでしょうか?

脅かしてすいません。

そんな覚悟をして、今という刹那を楽しみましょう。私たちが今できることは、新型コロナを侮らないで、感染しないことです。そして、長野県を守ることです。国や行政の対応を待っていてはいけません。そして、今、自分ができることを最大限のことを行えればいいのではないでしょうか。いつもならできない大切なことをしましょう。
家では、家族と楽しみましょう。社内ではいつもできない「仕事って」とか、「人生って」なんかテーマで話し合ったらどうでしょうか?

今という刹那を楽しみましょう。

多くの人は、いつか幸せになることを夢見て努力します。ですから、「今」の幸せを感じられません。すなわち不幸な人生を送ることになります。不幸だと共同体に奉仕することもできず、他人のために行動することもできません。経営計画は、自社の課題や将来性を探すツールです。目標設定とは。今、満たされていないから目標があるのです。それでは幸せを感じられないでしょう。「今、この時、この瞬間」、幸せを感じなければなりません。「刹那」とは一瞬のことです。私は、古いバイクをレストアしたり、林道で走らせたり、フライフィッシングをしています。仕事から離れると少年になります。人生は一度しかありません。そして、いつか終わりが来ます。毎日が自己の終焉の時と考えて後悔のない人生を生きることができなければ、「いい会社」をつくることはできないのではないでしょうか?凡人の私には、時間を大切に生きることしかできないのです。

最新の経営コンサルタントブログ

際どい時代に勝ち組で経営するには?

2極化の時代に勝ち組か負け組どちらに入るのかはとても重要 新型コロナの経済状況下で2強化が表面化しています。長野県下でも勢いのある企業とそうでない企業の差はとても大きい状況です。その中でさらにこの2極化が激しくなるのでは

記事を読む »
引き寄せるチカラ

人材育成こそコロナ禍での業績拡大の最強の武器

情報生産性社会の社員育成とは? まだまだ産業時代の会社組織や階級主義の社内体制が蔓延っている企業は少なくありません。しかし、これからは、一人あたりの生産性を向上させるには、まさしく情報生産性社会の企業文化を構築する必要が

記事を読む »

象の食べ方を知っていますか?

象の食べ方を知ってますか?   「象」とはあの「デッカイ象」です。 「象が食べられるの?」という問題ではありません。 象のような巨大な目標や目的を持っていただきたいと私は願っています。   もし、デッ

記事を読む »

差別化戦略など意味がない!

「差別化戦略」は今更考えてもこれからの経営は意味がない? よく騒がれている「差別化戦略」など意味がありません。 今更考えてもこれからの経営は効果が期待できないのではないでしょうか?   コロナ禍での経営。 そし

記事を読む »
人材開発セミナー

独自性を高める経営が必要な理由

独自性がないと生き残れない日本の経済構造と生産性 日本の労働生産性は先進国37カ国中21位という現状です。日本人は長い時間働きながらも成果を出していないのです。製造業が比較的上位に位置していても17位です。この理由は小さ

記事を読む »

あなたの仕事はジャングルで木を切ることですか?

リーダーシップとマネジメントについて考える 私は昨年の1月は6件の講演及びセミナー講師の仕事がありました。ところが今年は、わずか1件の講師の依頼があっただけです。 「これコロナのせい?」と考えてしまえば楽なのかもしれませ

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード