中小企業も週休3日制の導入の時代。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

中小企業も週休3日制の導入の時代。

週休3日制

目次

週休3日制の導入を見据えた経営

円安は日本経済に何をもたらすのか? 例えば観光業にインバウンド重要が高まるかもしないが、30年前なら、日本国民はこぞって物価の安い東南アジアへ観光に行った。全く今と同じ状況になのか? ハワイのような高付加価値のリゾート地や世界の富裕層だけを取り込む高級なホテルや観光地は日本にはないに等しい。長野県白馬村の弊社クライアントのスノーリーゾートの周辺スキー場はもはやニセコのように外国籍の資本下となっている。それ自体は悪いことではないかも知れないが、30年のデフレ下での物価安には、構造的に破裂するようにさえとも私には思いえる。そこで、賃金の極端に安く貨幣価値の低い日本に出稼ぎ労働者は来るはずがない。加えて、アジアの諸国の急激な経済成長に立ち遅れた日本では、出稼ぎ労働先ではなくなった日本のです。そして、日本の高年齢化は避けられない。この要因を鑑みると誰でも理解できる人材不足が日本企業の課題となる。

人材不足が日本企業の課題ではなく中小企業の大きな課題

海外労働者が当てにならなければ、農業、介護、清掃などの業務で大きな人材不足となります。現在でも製造業などや飲食業などはその課題が経営に大きな影響を及ぼしています。大手の労働生産性の高い企業に人材は吸い込まれます。そして、それらの企業は「週休3日制度」を導入し始めています。もうすぐ、地方の中小企業にも「週休3日制度」の波は、人件費の高騰とともに押し寄せます。

効率的な経営と労働生産性の向上が鍵となります。

労働生産性を高めるには、DXなどの経営の効率化を図る一方で利益率を向上させるしか、この人材不足対策には対応できません。つまり、人件費を高め、週休3日制の導入となります。このハードルは新型コロナなどで経営に傷を残している企業には到底対応できません。そこで、M&Aなどの合併のスピードと増加となります。それらに今からでも対応しなければなりません。DX・人材育成、企業文化の向上・働き方改革など課題の山積みとなります。これらをスピード感を持って対応する経営が重要となります。

SNS:
On Key
最新のブログ
経営革新等支援機関
405事業(経営改善計画策定支援事業)の補助金

405事業(経営改善計画策定支援事業とは 405事業(経営改善計画策定支援事業)は、中小企業・小規模事業者等が、経営の改善を図るために策定する経営改善計画の策定を支援する事業です。 この事業の目的は中小企業・小規模事業者

事業承継
事業承継を行う準備

事業承継のための経営計画を作る 数年後、事業承継を行うという企業からの相談とコンサルティングの依頼が増えています。どの案件も経営者の課題は人財の確保となります。組織の年齢バランスが高齢化しています。ある程度の形を整えて事

経営コンサルティング
1歩踏み込んだ経営コンサルタント

1歩踏み込むとは? 多くの経営コンサルタントが、手法などのアドバイスや経営的なコーチングなどとなるケースを耳にします。しかし、ATF-Cは、人事なら人事部長の代行的な作業も行います。経営コンサルティングはKPIを各戦略を

人財採用コンサルタント
人材不足を解消できるのか?地方の中小企業。

人事部の仕組みがない企業様へ 地方では、都市部と比べて人材不足が深刻な問題となっています。そのため、人材を確保するためには、高賃金や福利厚生などの待遇を充実させるだけでなく、働きやすい環境を整えることが重要です。また、人