何故、この時期に増収増益になるの?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

何故、この時期に増収増益になるの?

デジタル化

何故、この時期に

お金を追いかける人は、お金に振り回される経営をする。その理由は、その人の価値が、お金だからなのです。人に与えることが価値とする人は壁にボールを投げ込むように、与えた結果が速度やエネルギーを増加させ与えたものが戻ってくる。変えることのできないものを素直に受け入れ、変えられるものだけにフォーカスして毎日を幸せに感じ楽しく送れます。新型コロナにビジネスとしてではなく、人類の課題としての対応する。新規顧客を追いかけるのではなく、ただ、LTVにフォーカスして、クランアントを親友よのように扱う顧客が寄ってくる。こんな時期だからこそなのです。

「デジタルが好き!」

新型コロナ対策が企業経営の変化を加速させたが、当然、新型コロナ対策になる前に、この時期に増収増益になる企業は、この変化を受け入れているから、この時期でも増収増益になる。「あいつは変わっているね!」と人に言われるから、新型コロナ対策も経営もごっちゃにしない。デジタル化が送れているのはシステムではなく人間だ。デジタル化もクリエイティブな感覚も同じで、センスが必要になる。「デジタルが好き!」という社員を何人育てるのかが企業の成功の鍵にもなる。

心理学を学ぶ

マーケティングでも経営でも心理学はとても役に立つ学問である。学問を無視したらいい会社を作ることはできない。ました、マーケティングなどは、心理学の上にあるようなものだ。経営とは哲学の上にある。理念とは、経営者の人生化と生き方、つまりライフスタイルを反映させるものです。結局、顧客や社会を世界地図の真ん中に設置するから見えるものが他の人と違うだけ。

HubSpotCRMを丁寧に概念から教えてくれて導入支援をしてくれる

SNS:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
On Key

Related Posts

経営は登山から学べる

高い山に登るための経営

経営を登山に例えると 経営を登山家に例えてみました。登山を知ると色々なことが経営に役立ちます。まずは、高い山に登るときに登山家はどんな行動を取るのでしょうか? まず、「準備」をします。この準備がビジネスにも登山にもとても

マネージメント

2022年小さな会社のマーケティング

マーケティングという言葉の捉え方 経営の神様と言われた亡きドラッカーは、「企業は顧客との関係しかない」・「経営者の仕事はマーケティング」・「マーケティングは営業を不要にする」などなどの言葉を残しました。しかし、日本の経営

長野市松本市経営コンサルタント

経営者のための年末年始の休みに読むべき書籍3冊

正月日本を読むとその年の経営が変わるという話 やっぱり読書は人生においても経営においてもとても大切です。何より、本を読むと勇気がでます。経営には勇気がとても重要です。そして、知らなかったことを知ったり、自分の考え方が間違

待っていけない経営

待たない経営とは?

待ってはいけない理由とは 先の読めない経済状況での生き残り策は一つです。それは「待ってはいけない」ということです。国民にも急激な2極化が進んでおり、今の政府ではスムーズな対応できないでしょう。それと同様に私たちの経営も同