ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPする-売り先を変える|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPする-売り先を変える

長野市経営コンサルタント

目次

売り先を変えて売上を120%UPするには?

まず、基本の売上100%と考える。この100%は当然今までの売り先で賄うのです。問題はプラスされる20%なので、今までの固定観念を捨てて、新しい市場をセグメントしてみるましょう。「BtoBであったのにBtoCにも挑戦してみる」ような安易な発想ではありません。例えば。BtoBの企業がBtoCのビジネスを行うには、様々なかなりのリーソスやノウハウが必要になります。ですから、できるだけ避けたい方法です。同じBtoBやBtoCでも市場を細分化や市場の変更をすることで新規の20%UPされた売上は獲得できる可能性があります。今までの概念にない市場を探しましょう。

市場の変更

商品のターゲットを変えてみるということです。自社の商品の使い方を模索してみることも有効でしょう。BtoBなら、社員500名程度の規模にアプローチしていた商品を社員1000名程度以上の企業に変更すしてみる。この場合の変更は、前項で述べた基本の売上100%を維持した上で行うということです。

  ・販売する変える
  ・ターゲットの収入帯を変える
  ・ターゲットの生活思考(価値観)に対して変更してもる
  ・ターゲットの年齢を変えてみる
  ・セグメンテーション(市場の細分化)をする

市場の細分化とは?

例えば、30歳代から40歳代に向けた商品なら、30歳から32歳代に向けてみるというように市場を狭めるということです。より、細分化された市場に向かってアプローチをしてみることにより、今までと異なった顧客を取り込みことが可能になる。それは、ターゲットをより細分化してペルソナを行うということにもなります。

戦略と手法

新しい売り先が決まったら、Webサイトだけで、ターゲットの変更をしてみる。当然、Webサイトでは、基本の売上100%の顧客に向けたコンテンツは覗いて、Webだけの展開とか?今でのマーケティングや営業外で行う事が重要です。基本は、今までの概念を超えた異なったアプローチをするということになります。この方法の実践者での成功例は多くあります。

SNS:
On Key
最新のブログ
経営革新等支援機関
405事業(経営改善計画策定支援事業)の補助金

405事業(経営改善計画策定支援事業とは 405事業(経営改善計画策定支援事業)は、中小企業・小規模事業者等が、経営の改善を図るために策定する経営改善計画の策定を支援する事業です。 この事業の目的は中小企業・小規模事業者

事業承継
事業承継を行う準備

事業承継のための経営計画を作る 数年後、事業承継を行うという企業からの相談とコンサルティングの依頼が増えています。どの案件も経営者の課題は人財の確保となります。組織の年齢バランスが高齢化しています。ある程度の形を整えて事

経営コンサルティング
1歩踏み込んだ経営コンサルタント

1歩踏み込むとは? 多くの経営コンサルタントが、手法などのアドバイスや経営的なコーチングなどとなるケースを耳にします。しかし、ATF-Cは、人事なら人事部長の代行的な作業も行います。経営コンサルティングはKPIを各戦略を

人財採用コンサルタント
人材不足を解消できるのか?地方の中小企業。

人事部の仕組みがない企業様へ 地方では、都市部と比べて人材不足が深刻な問題となっています。そのため、人材を確保するためには、高賃金や福利厚生などの待遇を充実させるだけでなく、働きやすい環境を整えることが重要です。また、人