ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPする-キックスタート|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPする-キックスタート

経営コンサルタント 長野

目次

「ちょっとだけ売り方を変える」その理由は?

満たされた欲求は、欲求になりません。常にマーケッターは、ターゲットの次の欲求を追いかけなければなりません。今までと同じ売り方を続けると、今まで以上の売上は期待できません。もちろん、市場の状況によっては、その原則にマッチしないケースもあるでしょうが、限定的な話になります。私は、「ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPする」というカテゴリデコのブログを約1年近く書いていく予定です。コンサルティングにより効果を得た実例を紹介します。「ちょっとだけ売り方を変える」その理由は沢山あります。「ちょっとだけ」とは大きく変えることは、大きなリスクがあります。マーケティングとは「テスト」です。小さな挑戦で大きな挑戦を行うべきかを検討する必要があるです。そして、すべてのマーケティングによる戦術は、成功がギャランティされるものではありません。言い換えれば、「失敗する可能性も高い」のです。私の場合は、「絶対失敗する」と革新して進めます。その失敗の先にしか成功がないのであれば、小さく失敗をして成功を掴みたいからです。

120%売上アップできる理由

現在のあなたの状況を100%と考えたときに、あなたのマーケティングだと今の現状が限界と考て、みましょう。ですから、他の20%の要素をどこかから注入なければなりません。社員・顧客・知人・コンサルティングなどから、新しい価値を取り入れる必要があるのです。また、現在と違った商品を開発できれば大金星ですが、世の中、そんなに甘くありません。ですから、売り方を変えてみるのです。これから、これらこのブログで1年間に渡り、成功例と戦略の基準となる考え方、原則などをお伝えします。

売り方とは?

ジャパネットたかた 創業者である髙田 明(たかた あきら、1948年11月3日)にスポットを当ててフォーカスすると、色々なことがわかります。髙田さんは、商品を開発するのではなく、売り方を開発する天才です。売り方で商品に付加価値を付けます。例えば、FAXはビジネスシーンでは、終焉を迎えた通信機器です。それを高年齢者の孫との通信機器として売り込むのです。そこには、彼の隠されたMISSIONがあるようです。他社でも売っている商品をあなたが売り方を変えることによって、大きなアドバンテージを設けることができるようになるのです。もし、あなたが営業マンなら全社NO1の高い成果をあげることも夢ではないでしょう。

コンサルティングで新しい可能性を柄した経営

私は全国の中小企業である小さな会社の専門の経営マーケティングコンサルタントをしています。新規事業開発や人材育成なども手掛けますが、主はマーケティングです。マーケティングと言っても、経営に関わる部門となります。ちょっとだけ売り方を変えて 売上を120%UPできるなら、私のコンサルテイング料もペイでき十分な利益を獲得できる企業様に限られますが、ZOOMや対面によりコンサルティングを行っています。現在なら。コンサルティング枠も多少ございます。


ご要望の方は、こちらから無料相談→(営業活動目的画などの利用はお断りすします)

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長