人に仕事を任せられないのは、自分の未熟さ。デリゲーションこそ、組織を強くする。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

人に仕事を任せられないのは、自分の未熟さ。デリゲーションこそ、組織を強くする。

デリゲーションとは?(デレケーション)

デリゲーションとは?人に仕事を任せることです。任せるのと「丸投げ」とは大きく異なります。「人にどれだけの仕事をデリゲーションできるのか?」が、仕事のできる人間や賢い経営者の証明となるでしょう。ですから、部下に仕事を上手に任さなれないと「いい上司」・「いい経営者」にはなれません。というか作業や経営も成功はしません。そこで、デリゲーションを行うには、次の要素が必要になります。
 ・失敗を覚悟する
 ・任せた部下への成果より成長にフォーカスする
 ・信頼をする(信頼しないと信頼されない)
 ・目標や目的と背景を説明する(方向性)
 ・期待度を伝える
 ・スピードより成長の成果を期待する
 ・権限を与える
 ・報告・相談の義務を持たせる
などが重要になります

デリゲーションを行って得られる項目

デリゲーションが機能すると、どんないいことがあるのかを明確にしておきましょう。経営者や幹部さんがデリゲーションを行う必要性を知しておく必要があります。
 ・生産効率が高まる
 ・指示待ちの部下がなくなる
 ・離職者が少なくなる
 ・結果的に業績が高まる
 ・上司や経営者の仕事のレベルが上がる
などが効果として期待できますが、社員の会社へのエンゲージメントが高くなるため会社成長のレールに乗ることができます。

デリゲーションが成立しても仕事は少なくなりません

デリゲーションができるて、部下が自主的に仕事を行うようなりますが、あなたの仕事が減るわけではありません。戦略面や環境面を整える作業などは残ります。ただ、仕事の質が高まり成果も高まります。デリゲーションの大きなデメリットは、デリゲーションを行うには、時間がかかり、忍耐力が必要だということです。しかし、デリゲーションを行わければ、支持をして、その結果に不満を持ち、ただ忙しい毎日をこの先ずーっと行うことになります。

デジタルのチカラを利用し、デリゲーションを行う

社員や部下の仕事を可視化して、適切なアドバイスやモチベーションを与えるには、CRMを活用して仕事の可視化と効果性の高い効率化を図ることができます。CRMを導入していない企業と導入している企業では、若手営業担当などの成果や仕事の質も大きく異なります。もちろん、成果に影響しています。

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print
Share on email

無料メールマガ

「いい会社を作りたい!」と願う経営者のためのATFコンサルティングファームのナレッジをメールマガでお贈ります。