営業活動をデジタル化して生産性向を図るには?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

営業活動をデジタル化して生産性向を図るには?

CRM

営業をデジタルを活用できる生産性向上するには?

見込客を獲得するには、WebサイトやSNSの活用とイベント開催や展示会参加などが考えられます。まず、インターネットを活用した集客では、当然デジタル化されるわけですが、イベントや展示館参加には、「人間による作業」が必要になります。しかし、それらで得たリストをデジタルで処理して、メールマーケティングなどをMA(マーケティングオートメーション)を活用することで、人的な経費や時間などを自動化することができます。

営業担当の心の状況に左右されない成果を

担当が見落とした関心度のあるユーザを目こぼしすることなく、成果を求めることができます。
また、関心度の高い見込客を割り出すこともできます。そして、問題は、成約へのアプローチですが、ここは人間がやらなければいけないことになります。顧客の状況を把握するためにヒヤリングが重要になります。しかし、この場面でもCRMを活用して、営業活動を標準化することができます。つまり、成果高の高い営業担当のルーチンをCRMにスケジュールさせ、新人営業担当に利用させるとかなりの成果が出ます。そして、属人化した営業がなくなり安定した営業成績の拡大が望めます。

営業活動を見える化して常に最新の戦略を立案をする

データドリブン概念を利用して、CRMでマーケティング状況や営業状況を見える化して、勘にたよらないデータによる戦略立案や顧客の変化を見える化した対策をできます。そして、何より成果に繋がりやすいシナリオをCRMを活用して行うことができます。Web・SNS/メールを活用して、営業成果を高めるには、デジタル化で経営をバージョンアップすることをお勧めします。

ここで大切なのは。CRMを活用した新しい営業活動のシナリオを開発する必要があります。つまり、現在の営業活動をそのままCRMに依存しても、望む成果は期待できません。

無料で試すCRM

HubSpot社では、高度な機能のCRMがお試し期間だけではなく、エンドレスに使いこなすことができます。メール数の制限はあってもまず、営業支援のデジタル化はこれからの営業会社には重要なツールになるでしょう。
マーケティングの見える化で獲得リード数2倍、新規顧客単価1.65倍

変化に対応する

変化に対応するか?自分で変化をこすのか?この2つしか時代に対応する方法はありません。「他社も・・・」といった時にはすでに遅しなのです。「フライング」こそが現在の小さな会社が成功する要因のひとつではないでしょうか?

最新の経営コンサルタントブログ

長野経営コンサルティング

継続できる企業の条件

こんなときでも修正できる企業経営とは? 例えば新型コロナの影響やウッドショック、または製造業においては半導体不足など、例え誠実に経営を行っていても逆境に遭遇するときはあります。その時に修復ができる企業が継続できる企業の条

記事を読む »
マインドフルネス

経営者のための不安感を克服する方法。

経営者の大敵である不感安を克服するには? まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだと誰もがわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来

記事を読む »
経営者はメガネを選ぶ

経営者はメガネを選ばなければならない!

見方が考え方を変え行動を変える 心理学的な話になりますが、「現実」とはそれを感じる人の味方なのです。実際に行ったことで、それぞれの人が評価を下すのです。ですから、それぞれ異なるということです。当然のようにその「現実」に対

記事を読む »
人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print