これが「良い会社」をつくるための基本|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

これが「良い会社」をつくるための基本

コンサルティング

目次

「良い会社とは?

ここで、「良い会社とは?」という定義を伝えておかないと話が前に進まないかも知れません。まず、第一には、高い利益と高い労働生産性の企業。第二には、成長のための挑戦のある会社。第三としては。高い技術力。これらが兼ねそなった会社となと仮定しましょう。もちろん、この話上の定義であります。そこで良い会社を作るための基本はやっぱり何かをクリエイトするのだから、目標とコンセプトワークの設定が重要になります。目標とは、「いつまで・何を・どのくらい」と具体的で定量されたものが必要であり、そのためのコンセプトとは企業理念になります。この2つを、まず、しっかりと時間を掛け設定しないと事業計画や経営計画も機能しないものになります。マーケティングでも同様です。マーケティングコアコンセプトが明確でないとマーケティングでも営業でも本来の成果は期待できません。

ですから、「良い会社」をつくるための基本とは?企業理念・ミッションなどの重要性が理解できないと、これらを簡単に作ってしまっていては、企業が伸び悩む要因となるのではないでしょうか。企業理念も計画もない会社なら、それらはこの話の外となります。

「楽しくなくては?・価値がなくては?」やる意味がない!

そして、「良い会社、の定義を私的に替えてみると、「笑顔」「社会貢献」「効率化」などが良い会社の条件でエフォート(努力)レスな、「自分が何をするべきなのか?」「自分の使命を確認に理解している集団」となるのではないでしょうか? 楽しくなければ人生ではないのです。そして、それに向かい大切な時間を使う価値があるのは、「楽しい」と感じるものです。

営業力×マーケティング力強化セミナー

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば