際どい時代に勝ち組で経営するには?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

際どい時代に勝ち組で経営するには?

023RED20404G_TP_V

2極化の時代に勝ち組か負け組どちらに入るのかはとても重要

新型コロナの経済状況下で2強化が表面化しています。長野県下でも勢いのある企業とそうでない企業の差はとても大きい状況です。その中でさらにこの2極化が激しくなるのではないでしょうか?そんなときに勝ち組に入るのと、そうでないのとは大きな差になります。もちろん、経営者のリーダーシップが問われる時代で、表面的な改善では通用しない本質が問われる時代となります。DX化であっても、DXに対して真摯に向き合う企業と、そうでない企業の差は明確になります。それも経営者のリーダーシップである、先を読むという作業になります。リーダーシップが果たすアライニング(組織を整える)の役割は、経営者が自ら模範となりさえすれば組織は健全に成長していけるのではないでしょうか。

コアコンピタンスの要素は人財

競合他社より全体的優位を保つには、人材面の強化しかないでしょう。この根本的な課題に対応しない限り、勝ち組に居続けることは出来ず、負け組で衰退の道を歩むことになるのではないでしょうか?今まで通りでは多くの企業の存在は危ぶまれます。また、国も経済指針からも生産性の悪い会社の整理をする意向であることは読み取れます。情報化社会では、勝ち組の企業と負け組の企業の人材価値は、1:2とかの数字ではなく、1:100程度以上の差となります。つまり、勝ち組の企業は、負け組の企業の100倍以上のパフォーマンスを持つということです。これが知的情報化社会であることをご理解ください。

機能面は存在価値の高い人材により開発される

機能面というのは、仕事の質や機能のことです。どんなに企業が優れていても存在価値の低い会社ではストレスを生み、効果的・継続的な経営は困難になります。存在価値の高い人格を形成する企業に変革する必要があります。これが勝ち組を継続していく会社の条件になるのではないでしょうか?言い換えれば社会貢献する意識の高い企業が勝ち組となり、売上高や利益にフォーカスする会社はやがて負け組となるということです。これが時代の流れとなります。

最新の経営コンサルタントブログ

人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得と言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分析

記事を読む »
デジタル化

DXの推進。あなたはどんな一歩を踏むのか?

DXとは? まず、DXの定義を確認しましょう。私はデジタルによる企業のデジタル化への変身と業務の質を向上させ資産性を高めるデジタル化強いうと考えます。あくまでも人間主体の経営である必要があります。 DX(デジタルトランス

記事を読む »

「学び」を「実践」するために、あなたが今行っていることは「正しい」と言えますか?「コンサルティングサービス」の重要性。

リーダーシップの力を高めませんか? 社長の重要な仕事はリーダーシップと人材育成。そしてマーケティングです。 こんなお悩みの経営者のために! 人材が育たない!とお悩みの経営者 DXの取り組みに悩んでいる 売りが伸び悩んでい

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード