独自性を高める経営が必要な理由|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

独自性を高める経営が必要な理由

人材開発セミナー

独自性がないと生き残れない日本の経済構造と生産性

日本の労働生産性は先進国37カ国中21位という現状です。日本人は長い時間働きながらも成果を出していないのです。製造業が比較的上位に位置していても17位です。この理由は小さな会社が多いということです。同じような企業が淘汰されると間違いなく労働生産性は上がります。もしくは付加価値を高める生産を行うことです。どちらにしても差別化戦略など井の中の蛙なのです。大手に淘汰されるか、テーブルから去るかということになります。差別戦略の基本は、STPマーケティングになります。もちろん段階的には必要ですが、コトラーのかなり過去の考え方であることも事実です。このマーケティングの欠点は、ポジショニングにあります。また利点もポジショニングにあります。他社を見て差別化を図るのではなく独自性もって自社の商品やサービスを改革する必要があります。差別化をするということ自体が他社に依存する考え方だから、今のビジネス環境やこれからのビジネス環境には適さないのです。なぜならあなたの会社が上場企業や業界上位に位置している企業ではないからです。

日本の時間当たり労働生産性は、47.9ドル。OECD加盟37カ国中21位です。日本の一人当たり労働生産性は、81,183ドル。OECD加盟37カ国中26位。日本の製造業の労働生産性は、98,795ドル。OECDに加盟する主要31カ国中16位。
生産性(せいさんせい、Productivity)とは、経済学で生産活動に対する生産要素(労働・資本など)の寄与度、あるいは、資源から付加価値を産み出す際の効率の程度のことを指す。

独自性のなる経営を行うには?

独自性は専門性です。いわゆるニッチな戦略になります。しかしなかなかそんな商品や製品を開発するのは難しいとお考えでしょう。しかし売り方やサービスなら可能になります。そのためには2つの方法があります。もちろん同時に行うことが最良です。

独自戦略のための1

自社の専門性に他の専門性を付加することです。例えば会計士では、歯科開業医専門+新規開業から3年以内の企業などというスタイルです。マーケットエリアは広がりますが、デジタルの時代ですので活用すれば、このような独自性は保たれるでしょう。大切なのは、「あの会社しかない!」とユーザーに感じてもらうことです。結果的に差別化になるのですが、差別化ありきだとストレスしか生まれないということです。あなたが見なければいけないのは業界や他社ではなく、自社の顧客と社員です。

独自戦略のための2

主体性を持った企業集団にすることです。企業は「人」です。独自性を持った社員の集団は、上記の項目もクリアできます。なぜならば独自性を高めることができるからです。社内をその共通目的のためにシナジーを高めることができるからです。その結果想像もしない成果を生み出します。経営者も社員も本当にやりたいことができる企業を目指すべきです。仕方なくこの仕事をやっているという社員では成果は生まれません。また、依存傾向・承認傾向の高い精神的に自立していない社員の集団では独自性も企業文化も構築できません。

独自性をもつ経営とは?

他社に依存する経営や目の前の変化に動じない原則を大切にした経営になります。「他社もやりはじめたから・・・」では、他に依存して経営者自身も自己の人生を生きているとは言えません。自分を認め成長を目指す経営者だからこそ、正しい経営ができるのではないでしょうか。他に依存したり、承認欲求の中での経営ではフラストレーションもたまります。不安に打ち勝ち挑戦を続ける経営者の思いこそが生き残りの原子になるのではなくぃでしょうか。

人は育てるのではなく、育つ環境を作るコロナ対策

コロナ禍での生き残り策「社員のやる気アップ!!」社員力を高める方法を学ぶセミナー「アフターコロナを見据えたDXにも活用できる、CXコーポレーショントランスフォーメーション企業改善」の基礎になります。
セミナーとワークショップを織り交ぜた1時30分間のWebセミナーです。
コロナ禍でのDX(デジタルトランスフォーメーション)が騒がれている中、人材育成が何より重要な時代となってきています。人材の質こそが企業の生き残りとその後の成長につながります。
心理学やアドラー哲学を交えてお伝えする効果的なプログラムです。
Zoomを活用したWebセミナーです
2021年2月9日(火)14:00 〜15:30
セミナー詳細・申し込みはこちらから

最新の経営コンサルタントブログ

惹き寄せるチカラ

人間性を高めてマーケティング力を高める

多くの経営者が気づいていないことがあります。 一部の成功した経営者だけが知っている惹き寄せるチカラのことです。 それは単なる経営や営業のテクニックではありません。 私が長い間巨大IT企業でマーケティングの分析に携わってい

記事を読む »
AMAZON

惹き寄せるチカラとは?(その1)

“The power to attract”惹き寄せるチカラとは? 何故、あの会社は元気がいいのか?何故あの人はいつも楽しそうなのか? そんな疑問をあなたはもった事はありませんか? 会社とは、そも

記事を読む »
引き寄せるチカラ

「惹き寄せるチカラ」を利用するには?

会社の規模、売上などなんの価値もありません 知人が亡くなりました。売上規模20億円以上の長野県シェア1位のエクステリア卸の創業者です。しかし、彼の意思に関わらず、終わりが来たのです。家族は会社関係から逃れ、近親者だけの葬

記事を読む »

際どい時代に勝ち組で経営するには?

2極化の時代に勝ち組か負け組どちらに入るのかはとても重要 新型コロナの経済状況下で2強化が表面化しています。長野県下でも勢いのある企業とそうでない企業の差はとても大きい状況です。その中でさらにこの2極化が激しくなるのでは

記事を読む »
引き寄せるチカラ

人材育成こそコロナ禍での業績拡大の最強の武器

情報生産性社会の社員育成とは? まだまだ産業時代の会社組織や階級主義の社内体制が蔓延っている企業は少なくありません。しかし、これからは、一人あたりの生産性を向上させるには、まさしく情報生産性社会の企業文化を構築する必要が

記事を読む »

象の食べ方を知っていますか?

象の食べ方を知ってますか?   「象」とはあの「デッカイ象」です。 「象が食べられるの?」という問題ではありません。 象のような巨大な目標や目的を持っていただきたいと私は願っています。   もし、デッ

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード