語学力とイマジネーション能力が出来るビジネスマンの鍵|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

語学力とイマジネーション能力が出来るビジネスマンの鍵

人材育成コンサルタント

目次

語学力を磨くと良い成果が導かれる

語学力とは、英語などの外国語というより、まず国語力が重要です。人間関係を構築する上でも、自分を実力以上に見せるのも国語力です。特に「人間の悩みの100%は人間関係」と言われるように、ちょっとした気遣いの言葉が出せるのもこの能力で、国語力が高ければ高いほど人間関係を円滑に構築することができます。更にEQを高めるにも、当然言葉が必要になります。そして、これからDXの時代と言われてもそこには言葉が利用されます。まずは、SNSやメールなどがどんなに自動化されたとしても言葉のスキルを重要視すると良い成果を道引きます。さらに、プログラムなどの言語も語学力がすべてのような気がします。国語力を高めたあとは、できれば英語などの外国語の力を身につけると、グローバルな視点でモノごとを判断することが出来るようになります。これらの人材を育成することは自社の未来を切り開くことに繋がります。

イマジネーション能力こそ経営・マーケティングには重要

いい人生を送るにも重要なのは語学能力とイマジネーション能力ではないでしょうか?自分以外のだれかの行動を想像したり、先をイメージして行動できるのもこのチカラになります。常に自分の成長をイメージができればそれに近づけることもできます。そして、様々なプランの中から最適な選択することが出来るのです。それはモノごとに多面性があり、多面的な情報をインプットして選択できるということです。言葉を変えれば想像力です。このチカラを高めることで、見える範囲が拡大します。人材を育成するには経営者自らも語学力とイマジネーション能力を高める努力が必要でしょう。

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長