売上を上げるのは簡単です。お金儲けも簡単です。問題は?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

売上を上げるのは簡単です。お金儲けも簡単です。問題は?

引き寄せるチカラ

目次

学ぶこと本を読むことは大切だけど?

本を読まないから優れた経営者になれないわけではない。ただ知らないことが多い経営者になるだけのことですね。大切なのは何かに気づき行動することだと私は感じます。
最近、Fcebookなどで「稼げる!」とか「儲かる」とかのキーワードの投稿を多く見かけますが、確かに「お金持ちになるのは簡単かもしれない」「難しく考えたらお金持ちになれないのかも知れない」しかし、そんなことはどうでもいいことだと私の価値はそこにはありません。「問題は誰かを幸せにできるのか?」ということです。でなければこれからの企業は存在する意味、つまりプレゼンスを失う事でしょう。

売上を追いかけると顧客は逃げいて行く。

業績をこれからの時代向上させるには本質的な考えを顧客が集まる仕組みを作ることだと理解することでしょう。ブランディングのさらにその上は「引き寄せる力」を利用することです。

売上高=単価(価値)✕数量(ファンの数)

この計算式が理解出来、それを遂行すればあなたの商品は売上を拡大することが出来るでしょう。お金にフォーカスすると金に依存した人生を送ることになります。そもそも業績を高めるには、簡単なことで。「お客様が喜び事をすることが楽しい」と思える社員がたくさん在籍する会社を作ることです。それを学ぶもではなく、挑戦して失敗して対策を練るのです。そこからでないと優れた経験も成果も得られません

継続性のある効果的な経営とは?

私はサラリーマンのときに多く経営者と接して、継続的に成長する社長と目の前の課題だけに目を向け、企業の存在やその経営者の存在に終演を迎えた経営者を知っています。

私の拙い分析力では、ある一定の法則がそこにはありました。継続的成長を遂げる企業の経営者は挑戦が好きで選択や決断のときの物差しを持っていました。その逆の経営者は将来をそろばんを使って判断していました。一時的には成長はするのですが、その成長が仇で企業の業績を悪化させたり、経営者が退任に追い込まれることが良くありました。

大切なのは、見方の問題で「誰かを幸せにするという思いが行動の源になるようでした」

 

自分の幸せを実感して感謝ができ、周りの人も幸せ。もちろん顧客も幸せにする。これがテーマになったビジネスは新型コロナの状況でも強いです。
 
無料メルマガ購読申し込みフォーム
SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長