企業・商品の価値付は自社で行う|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

企業・商品の価値付は自社で行う

目次

価値付とは、自社でするもの

よく、顧客が自社の価値を高めると感じている経営者がいるが、私にはそう思えません。売上が下がったり。経済が悪化すると値引きや価格を下げることは、自社の商品の価値を下げる結果となる場合があります。もちろん、資金力や販売力のある大手やそれに類似した企業であれば、話は別です。小さな会社ほど無駄のない経営をして利益を高めなければなりません。そのためには。自社で自社の価値を上げるのです。

価値を高める方法


顧客が認めてくれるのが価値で。価値を付けするのは売り手です。もちろん、価値を下げて、粗悪品をそれなりの低価格で販売する営業方法もあります。私に趣味はビンテージバイクなので、よく、安価で粗悪品を販売店や部品販売をネットで遭遇します。結果的にそれらに手を出すと、正規門を買って出費が最小から正規物を購入するより高額になります。何より時間の無駄です。そして、安価な商品を販売するには販売力なども必要です。小さな会社では高い付加価値をつけて、その価値を理解してくれる顧客を探して販売するとをおすすめします。以下に一般的なかち野を高める方法を記載しました。

・価格を上げる
・販売後のフォローの質を上げる
・顧客に接する社員の質を上げる
・デザイン性を高める
などなど

希少価値を高める経営


ニッチな商品を開発して、自社しか販売できない貴重価値のある用品・製品を販売するべきです。それは今すぐにもできなくても、それを目指す必要があります。時代はどんどん変化しています。スタブレーションの経済環境でちさな会社が生き残る唯一の方法となります。

価値づくりにご興味のある方は、お気軽にお尋ねください

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長