戦略的マーケティングとは?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

戦略的マーケティングとは?

長野市、松本市経営コンサルタント

目次

戦略的とは?マーケティングとは?

地方の中小企業にでは自社の課題の抽出や理解さえされていない企業は少なくありません。さらに、その課題克服のための戦略も設定されていません。つまり、常に目の前の作業に従事しているということです。これでは、「「今月は売れなかった」今月は売れた!」の連続となります。戦略的目標は日々の業務に課題を設定して、近い将来の向かう方向とそれに向かう策があるということです。その戦略は、マーケティングのメカニズムのもとに作られるべきなのです。何故ならば、ドラッカー曰く「企業は顧客との関係しかない」ということです。そして企業必要なのは、「マーケティングとイノベーション」だとも言っています。マーケティングという言葉に弱い地方の経営者ですが、これからの時代、マーケティングのメカニズムを採用した経営は必修科目となります。

Google のAI Bardで「戦略的マーケティングとは?」と訊いてみました。

戦略的マーケティングとは、企業を取り巻く環境や経営資源に合致した自社の将来的な方向性を決めるためのマーケティングです。 製品や部署・部門単位のマーケティングではなく、全社レベルでの方向性を定めるアプローチであり、いわば行動指針として機能するものです。戦略的マーケティングの目的は、企業の目標達成のために、顧客のニーズを深く理解し、そのニーズを満たすための商品・サービスやマーケティング戦略を策定することです。

市場分析
市場の規模や成長性、競合状況などを分析します。

顧客分析

顧客のニーズや行動を分析します。

マーケティング戦略の策定

顧客のニーズを満たすための商品・サービスやマーケティング戦略を策定します。
戦略的マーケティングは、企業の経営戦略と密接に関連しています。企業の経営戦略を実現するためには、戦略的マーケティングが重要な役割を果たします。

戦略的マーケティングの成功のポイントは?

すべてが顧客から策を考え実施することです。売り手の都合を改善して、常に顧客側から見た売り方やサービスが必要です。

顧客ニーズを深く理解する

戦略的マーケティングは、顧客ニーズを満たすことが目的です。そのため、顧客ニーズを深く理解することが重要です。

競合状況を分析する

競合状況を分析することで、自社の強みや弱みを明確にし、戦略を策定することができます。

マーケティング戦略を実行する

戦略的マーケティングは、策定だけでは意味がありません。戦略を実行し、成果を検証することが重要です。戦略的マーケティングを成功させることで、企業は顧客のニーズを満たす商品・サービスやマーケティング戦略を策定し、企業の目標達成につなげることができます。

ATF-Cの経営コンサルタントとは

ATF-Cは、というマーケティングを主に経営的なコンサルティング・コーチングを行っている会社です。「企業を未来につなぐ」の企業理念を掲げ経営コンサルティング事業とWeb制作事業を展開しています。
具体的な業務内容は、以下のとおりです。

企業の経営課題の把握・分析
経営戦略の策定・実行支援
事業計画の策定・実行支援
業務改善の提案・実施支援
組織・人材マネジメントの支援

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長