ブランディングよりキャッシュフローの改善が先|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

ブランディングよりキャッシュフローの改善が先

ATFダミー画像

マーケティングに無知な間違ったブランディングの教えにご用心

経営コンサルタントとして苦言を呈したい。ウェブ制作会社などが、ブランディングを勧める。業績向上にコミットしないで、間違ったブランディングの考え方をしてはいけない。もちろん、社員20名程度以上の銀行預金が借入金よりある会社なら問題。まず、その域に達するまで、日本の企業の80%程度はキャッシュフローの改善を図らなければならない。

いざという時の内部留保を

ブランディングとは、日々の営業活動により、積み上げられていくものである。そのものにお金を掛けて行うよりも、まずキャッシュフローの改善が必要ではないか?そして、その改善方法とは、3つあります。
1.資本金を注入する
2.借り入れを越す
3.利益高・売上高を上げる

稼ぐ力がキャッシュフローを改善する

利益率の高めるか、売上効率を高め現金を貯める。そのためには、マーケティング戦略を行う必要があります。 業績拡大が経営者の最大の役割で、それは、イノベーションとなる。サービス業のイノベーションは、常に新しい顧客の想像にあります。顧客の思考の変化をいち早く捉え、新しい顧客を創造することです。マーケティングとは、顧客見る。もしくは、顧客の視点になるということです。どのように売上を上げるかではなく、どのように顧客に喜んでもらうかを考えなければなりません。そして、企業はmすべて現金(キャッシュ)により成り立っているのです。給与・返済は、現金により行われます。

最新の経営コンサルタントブログ

新型コロナ

私たちは、新型コロナ対策でな何を学んだのか?いや、何を学ぶべきなのか?

コロナ対策でな何を学んだのか? 新型コロナ対策のメリットを考えてみました。「道路が空いていて移動しやすい」「納期が遅れても新型コロナの影響だと言い訳できる」「自由な時間をできた」などなどが新型コロナ対策による自粛について

記事を読む »
【特集】withコロナの時代「新しい時代の働き方」〜小室淑恵氏(ワーク・ライフバランス代表取締役社長

withコロナの時代「新しい時代の働き方」

変わるしかない時代のの変わり方 あの国会でのプレゼンはとても素晴らしかった小室さんのyouTubdeをみました。私たちが、いくら「変わらなければ・・・!」と言っていたことが、いま当然のように変えることを多くの経営者が意識

記事を読む »
アドラー心理学

経営者なら出来ることを探す能力はあります。

新型コロナウイルスで売上がなくなっても 経営するということは、何のギャランティも無い世界に入ったということで、その覚悟が必要です。つまり、新型コロナウイルスで売上がなくなっても誰の責任でもなく、現実を受け入れた経営者の責

記事を読む »
新型コロナ

現実を受け入れてください!正しい情報はマスメディアの報道にはありません。

現実を受け入れてください。人類の全滅のときに当事者になることを・・・ 経営について、新型コロナ対策を求められても、私自身、ビジネスのことより人類の問題だとこの問題を捉えています。命あってのビジネスです。人生です。もっと危

記事を読む »
2020挑戦

新年度を向かえて、こんな考え方でATF-Cは進めます。

経営方針を新年度を向かえて考えてみました 新年度は混迷の極みの中で始まりました。私は姿勢を低く、できるだけ自分を消し、社員・お客さま・社会を世界地図の真ん中に置き、想像力を豊かに、そして、テニスプレーヤーのように、どこに

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード