学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴と解決法|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴と解決法

経営コンサルタント

目次

経営を学んでも成果が出ないとお悩みの経営者に

経営を学ぶ前に、まず経営の目的を明確にしましょう。経営の目的は、自社の得意分野・価値観・好きなことを明確にすることです。社員を幸せにするという目的を持つことをオススメしますが、現実的な目的としては、企業によってさまざまですが、一般的には「売上を上げる」「利益を出す」「競争力を高める」などが挙げられます。経営の目的を明確にすることで、経営戦略や施策を立てる際に、何を重視すべきかが見えてきます。

学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴

学ぶことに高い価値を持っている経営者は、実践するより学びの量や質のこだわります。実践する経営者は、何気ないからでも気づきを得て行動します。講演やセミナーの参加して、「いい話だ。感動した」などと感じている経営者は、この話でどんのように実行しようかを考えます。つまり、インフォメーションとインテリジェンスの領域を見極められません。大切なのは自社の成長であって社長の成長ではありません。

行動と計画

目的が定まれば、学ぶ項目も明確になります。そして、その学びを実践するためのインテリジェンスを備える必要があります。例えば、英語を学ぶ人は単語や文法を覚えます。しかし、実際の会話では、スムーズに学びは役立ちません。実践するための練習が重要になるのです。経営では学んだことを社内で計画的にテストを行うことです。このテストの繰り返しで学びがインフォメーションであれば、実践はインテリジェンスの力で、その学びを実行できます。そして、実践を重視してください。小さなテストの繰り返しでフィードバックを得ることが重要です。

メンターやコーチを利用する

経営の経験豊富なメンターやコーチを利用するのもおすすめです。メンターやコーチからアドバイスや指導を受けることで、経営の視点や考え方を学ぶことができます。また、経営の悩みや課題を相談することで、解決策を見つけやすくなるでしょう。インフォメーションを活用するためのインテリジェンスこそが、経営コンサルタントの仕事です。実際にどのようになスキームで学んだことを実践して行くだけでは、時間と労力が掛かります。そこで経営コンサルタントのスキルと経験が役に立ちます。時間と労力を最小限に短縮することhが可能になります。

実践力を高める

具体的にやるべきことを以下に記載いたしました
・経営戦略や施策を立てる際には、自社の強みや弱みを分析する
・経営戦略や施策を立てる際には、目標を明確にする
・経営戦略や施策を立てる際には、実行可能なものにする
・経営戦略や施策を実行する際には、定期的に進捗状況をチェックする
・経営戦略や施策を実行する際には、フィードバックを受けて改善する

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長