学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴と解決法|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴と解決法

経営コンサルタント

目次

経営を学んでも成果が出ないとお悩みの経営者に

経営を学ぶ前に、まず経営の目的を明確にしましょう。経営の目的は、自社の得意分野・価値観・好きなことを明確にすることです。社員を幸せにするという目的を持つことをオススメしますが、現実的な目的としては、企業によってさまざまですが、一般的には「売上を上げる」「利益を出す」「競争力を高める」などが挙げられます。経営の目的を明確にすることで、経営戦略や施策を立てる際に、何を重視すべきかが見えてきます。

学んでも成果が出ないとお悩みの経営者の特徴

学ぶことに高い価値を持っている経営者は、実践するより学びの量や質のこだわります。実践する経営者は、何気ないからでも気づきを得て行動します。講演やセミナーの参加して、「いい話だ。感動した」などと感じている経営者は、この話でどんのように実行しようかを考えます。つまり、インフォメーションとインテリジェンスの領域を見極められません。大切なのは自社の成長であって社長の成長ではありません。

行動と計画

目的が定まれば、学ぶ項目も明確になります。そして、その学びを実践するためのインテリジェンスを備える必要があります。例えば、英語を学ぶ人は単語や文法を覚えます。しかし、実際の会話では、スムーズに学びは役立ちません。実践するための練習が重要になるのです。経営では学んだことを社内で計画的にテストを行うことです。このテストの繰り返しで学びがインフォメーションであれば、実践はインテリジェンスの力で、その学びを実行できます。そして、実践を重視してください。小さなテストの繰り返しでフィードバックを得ることが重要です。

メンターやコーチを利用する

経営の経験豊富なメンターやコーチを利用するのもおすすめです。メンターやコーチからアドバイスや指導を受けることで、経営の視点や考え方を学ぶことができます。また、経営の悩みや課題を相談することで、解決策を見つけやすくなるでしょう。インフォメーションを活用するためのインテリジェンスこそが、経営コンサルタントの仕事です。実際にどのようになスキームで学んだことを実践して行くだけでは、時間と労力が掛かります。そこで経営コンサルタントのスキルと経験が役に立ちます。時間と労力を最小限に短縮することhが可能になります。

実践力を高める

具体的にやるべきことを以下に記載いたしました
・経営戦略や施策を立てる際には、自社の強みや弱みを分析する
・経営戦略や施策を立てる際には、目標を明確にする
・経営戦略や施策を立てる際には、実行可能なものにする
・経営戦略や施策を実行する際には、定期的に進捗状況をチェックする
・経営戦略や施策を実行する際には、フィードバックを受けて改善する

SNS:
On Key
最新のブログ
経営革新等支援機関
405事業(経営改善計画策定支援事業)の補助金

405事業(経営改善計画策定支援事業とは 405事業(経営改善計画策定支援事業)は、中小企業・小規模事業者等が、経営の改善を図るために策定する経営改善計画の策定を支援する事業です。 この事業の目的は中小企業・小規模事業者

事業承継
事業承継を行う準備

事業承継のための経営計画を作る 数年後、事業承継を行うという企業からの相談とコンサルティングの依頼が増えています。どの案件も経営者の課題は人財の確保となります。組織の年齢バランスが高齢化しています。ある程度の形を整えて事

経営コンサルティング
1歩踏み込んだ経営コンサルタント

1歩踏み込むとは? 多くの経営コンサルタントが、手法などのアドバイスや経営的なコーチングなどとなるケースを耳にします。しかし、ATF-Cは、人事なら人事部長の代行的な作業も行います。経営コンサルティングはKPIを各戦略を

人財採用コンサルタント
人材不足を解消できるのか?地方の中小企業。

人事部の仕組みがない企業様へ 地方では、都市部と比べて人材不足が深刻な問題となっています。そのため、人材を確保するためには、高賃金や福利厚生などの待遇を充実させるだけでなく、働きやすい環境を整えることが重要です。また、人