理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

コンサルテインングのすすめ

目次

ゴールを確認して今を分析する事から始める

東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分析です。現在の位置が明確でないと進む方向性を誤ります。7つの習慣の第二の習慣・終わりを思い描くことから始める(Habit 2 Begin with the End in Mind)と同様です。現在の対応ばかりに注目すると気づいたときには間違った山に登っているのです。つまり山頂に登りつめるまで間違ったことに気づかないのです。

大切なのはリーダーシップ

大切なのはリーダーシップをどこまで中期経営計画に反映できるかという点です。方向性が見えない計画書では意味がありません。この点から「どんな会社にするんだ!」だという明確な方向性とそれに到達するための熱意が必要になります。そして、理想の会社へ向かうエネルギーを増やしリソースを増加させます。リーダーシップとマネージメントの違いを理解してください。

理想の会社とは?

その理想の会社は、社会にどれくらい貢献するためのビジョンや人材を育成するのかというビジョンも必要になります。このビジョンなくして企業の成長は一時的に成果を得ても継続することはできません。継続して目標に向かっていく会社を作るには原則に従い同時にスキルも高めていき、信頼や人材という資産を増やす必要があります。順番を間違えると何も得られなくなります。まずは自社として正しい行き先決めることです。あくまでも社長だけの欲望によるものではなりません。社員の共有できるビジョンが必要です。

社員に経営参加してもらうためには?

社員を育成するには、教育が必要です。この教育には時間を掛ける必要がります。少しずつ、一歩ずつというイメージです。育ったと思うとそうでなかったり挫折がつきまとう人材育成です。だからこそ人材育成がと撮っている会社は継続して業績が拡大するのです。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば