変化の激しい時代、経営の本質を見抜く力を持って欲しい!:経営コンサルタントの仕事|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

変化の激しい時代、経営の本質を見抜く力を持って欲しい!:経営コンサルタントの仕事

目次

経営の本質とは?

本質とは、英語では”essence”となります。”「essence」とは、「本質」や「真髄」「核心」「精油」といった「物事の本質」や「植物から取り出した精油のことを意味する英語表現である”とweblioに書いてありました。つまり、「経営の核心」となり、これに気づくことが経営での成功を勝ち取ることになるのではないでしょうか。言い換えれば、目先の変化にとらわれず、ドラッカーが言うように企業とは、顧客との関係しかないのであれば、「顧客を見る」という作業が重要になります。しかし、自社の都合で経営を行おうとすると、そこに問題が発生します。更に経営者の視点は狭いものになり見えるもの見えなくなります。

コンサルタントの仕事

コンサルティングでは、この気づきを持ってもらう事が重要になります。例えば、花札を製造販売していた任天堂の本質は何だったのでしょうか。そして、その本質がどうゲームに活かされているのでしょうか。変わることのない本質と変えなければいけないとの見極めが重要になります。これらにがし気づきを与えるのが経営コンサルタントの仕事だと考えております。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば