昭和の経営からの卒業を|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

昭和の経営からの卒業を

昭和の経営からの卒業

目次

昭和の経営では、お先真っ暗ですね

現在、一人当たりのGDPは、世界の27位(IMF)に低下しています。国民総生産と言われるGDPは3位です。人口は、1億2,560万人は世界ランキング11位です。ご存知のように少子化の影響化での人口現象が日本の課題です。よって一人当たりのGDPを高めることが再湯煎事項になります。また、以下が主な課題を記載しました。多くのシステムが崩壊しているので昭和の経営は破綻を招きます。まずは、この最大の課題はGDP(労働生産性)を高めるための経営となります。DXが立ち遅れている日本は韓国・台湾などに追い抜かれ、アジアでは経済をリードする立場ではなくなります。自民党政治の失われた30年のツケを私たちが中小企業も背負わなければなりません。そのための施策がM&Aとなります。生産性の高い企業が支援酸性の低い企業を吸収合併する時代になります。これが日本政府としての生産性を高めるための経済対策になるのでしょう。

中小企業の抱える課題

情報力を高めると未来は見えてきます。世界は中国ではなく、インドが世界の中心になるでしょう。そこで世界の動きを読んで、これからの経営を進化させなければなりません。主な3つの課題は、少子化と非効率的な経営です。賃金を2倍にしないと外国人労働者を受け入れることはできません。ですから、女性を活用する時代になり、配偶者控除などの税制は改正されることでしょう。そして、4日労働して、アルバイトやホビーに勤しめる小さな国(スペイン・ドイツ・フランスなど)のようなライフスタイルが就留になるでしょう。これらが行われないと人財の確保も困難になります。

・女性の労働力の活用
・賃金を2倍
・週休3日制 (働き方改革)

企業の目標達成能力を高め一眼となり課題解決に取り組むには?

人材教育・人材育成しか、上記の打開策は見当たりません。人手不足を可使用するには、心地よいストレスを限りなく軽減させた職場環境が重要になります。そして人間関係という機能面だけでなかく、原則に沿った業務が必要になります。企業の目的達成の力を高めるための社員の成長と新しい時代に対応できる柔軟で常識を疑った効果的で・効率的な業務が重要になり、それは「脱・昭和経営」と私は考えます。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば