「売り上げが爆発的に伸びたらどんなに良いかと思いますよね」|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

「売り上げが爆発的に伸びたらどんなに良いかと思いますよね」

爆発的に

目次

もし、売り上げが爆発的に伸びたらどんなに良いかと思いますよね」

 皆さん、こんな相談をコンサルテントにすることがありますか? 
ほとんどの人はしませんね。
「宝くじじゃあるまいし、夢みたいな話をしても仕方がない」
 そう思い込んでしまって、誰かに相談すらしない。そんな感じじゃありませんか?

勉強会で勉強しても「具体的にどうしていいかわからない」
なんてことはありませんか?
学んだことを実践するのに自社の状況は適していないと考えるのであれば
それは正しい考え方でしょう。

世の中に同じ会社がないように課題はそれぞれ異なり、その解決法はさらに異なるからです。数学の方程式は頭に入っているが応用問題が溶けないのと同じ状態ではないでしょうか?

 目の前のわかりやすい緊急事項だけに取り組んで会社の成長に対して自社の成長に向ける効果的な仕事をせずにクレーム処理・営業・資金繰り・・・などの仕事に追われていませんか?
その結果、仕方なくコツコツと同じ努力を繰り返す。多くの企業が陥るところです。
 
 

私は皆さんに言っています。

「そんな思い込みを捨てましょう。売り上げが爆発的に伸び、企業が成長することは夢じゃありません」 
 そうなんです。コツコツと頑張るしかないというのは、「思い込み」に過ぎません

 
いえ、むしろ同じことを繰り返すこと。そのことが、売れ行き低調の原因なのです。早くそのことに気づいてください。社員も顧客も疲弊して行きます。

 私に言わせれば、同じ商品でもサービスでも売り上げを爆発的に伸ばすことは十分に可能です。
 本当に爆発的です。500倍も1000倍も可能です。スタートラインの売り上げが1以上の数量でそれが低ければですが。
 私は長年の経験からそのように伝えてからコンサルティングに入っています。
 そして、売上げを伸ばすことは、大きな努力や変革も必要ありません。
「思い違いを改める勇気」が必要なだけです。
 これだけでいいのです。売り方を少し工夫しただけで、驚くほど変わってきます。
別に魔法でも奇跡でもありません。
売上がゼロではない限り、ニーズはあるということですから、少しの工夫を加えれば、多くの顧客に受け入れられて、爆発的な売り上げになる可能性はあります。

無料30分SOOM相談はこちらから

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば