成功するリーダーの絶対的条件|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

成功するリーダーの絶対的条件

長野市コンサルタント

目次

成功するリーダーの定義とは?

世間的に見っれば私は成功者ではないので、偉そうなことは言えませんが、「自分が目指した目標を達成すれば成功」と仮に定義をしてお話をします。しかし、この目指した目標自体が陳腐なものであれば、それも成功とは言えなのではないでしょう。 多くの人はその人が築いた組織や財力を獲得した人を成功者というか、あるいは偉業を成し遂げたことを成功と定義つけるでしょう。しかし、私は自分の人生を生きた人をすべて成功者と意義づけたい。これらは哲学的な話になるので、企業リーダーである経営者についての成功条件と考えてみましょう。

リーダーとしての要素

機能面である「仕事ができる」という要素と「尊敬される」と人格面の2つの要素のバランスが重要になります。そして何より心理学を学び「人の心を知り、人を動かすチカラ」が重要です。つまり、成功するためには、一つの目標に社員を集中させ、社員の幸せな毎日を送る支援ができなければなりません。これらは、以前のリーダーに求められる要素が拡大しております。

リーダーの絶対的条件

リーダーの絶対的条件=成功の条件と考えられます。その条件とは、先を読むチカラも重要です。しかし、先の不透明なことへの挑戦になるのですから、自分を信じることができないと、それは困難です。そのために「学び」が必要になる。その学びから判断と行動力が重要です。そして、リーダーシップを遂行できる人となります。リーダーシップとマネージメントは基本的に異なります。多くの経営者がマネージメント業務が絵ルーターの役割だと思っているようにも見えます。そして、条件としては、自分をコントロールして自分に挑戦できるクリエーターでなければなりません。

私が考えるリーダーとは?

人の嫌がることを率先して行動し、一見無駄だということにもそこに価値があると見いだせれば挑戦する。失敗してもプラスと捉え挑戦を続けられるリーダーが理想だとおいます。そして、強い自制心を持つことです」。そして損得にとらわれず、正しいことではなく、楽しい経営を目指すことができる経営者ですね。私はこんな考え方で成功するリーダーを目指しています。そして、「成功するリーだー」を作るのが私の仕事です。「何人に成功してもらうのか」が私のコーチングの最大のテーマです。

SNS:
On Key
最新のブログ
経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長

経営理念
「経営理念」は、名詞ではなく動詞です。

経営理念とは、名詞ではありません 経営理念は「名詞」ではなく「動詞」です。多くの企業は、経営理念を掲げています。しかし、その理念が単なる「名詞」として存在し、社員の行動や意思決定に活かされていないケースも少なくありません