「業績の良い会社」と「業績が伸びない会社」の違い|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

「業績の良い会社」と「業績が伸びない会社」の違い

経営コンサルタント

目次

「業績が伸びない会社」の経営者

同じ商品を売っているのに「業績の良い会社」と「業績が伸びない会社」があります。その理由はとても明確で、「業績が伸びない会社」は「商品」を売っています。その一方「業績の良い会社」は「こと」を売っています。しかし、「業績の伸びな会社の経営者」には、その「こと」の意味がわかりません。その経営者は「損得」で経営を考えるからです。「経営は損得で考えるのは当たり前だ!」と言われる経営者は殆どかもしれません。その経営者の会社の業績が伸び続けていれば、その考え方は正しいでしょう。そうでなければ、「損得」で考える経営の概念を捨てなければなりません。「概念を捨てる」とは潜在意識を捨てるしかありません。

「業績が良い会社」の経営者

「与えるから得られる」これが基本の経営者の会社の業績は伸び続けるでしょう。例え一時的に業績が悪化しても、V字回復するのではないでしょうか?
まず、顧客を「親友」として考える。そして、その関係にフォーカスするのです。売上高とは。単価×数量です。単価は価値です。商品に付加価値がついて価値が上がります。数量はファンの数になります。ファンはファンを増やします。ひとつ上のレベルの経営を目指すことを私はおすすめします。何故ならな企業は継続が命だからです。そのために目先に囚われず、「GIVE」をし続けることです。

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長