原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

目次

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか?

原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば、やる気が出ないときもあります。もちろん、すべての社員がセルフ・リーダーシップ・セルフコーチングなどが行えれば問題ありません。ですが、そうは行きません。経営者は心理学を学ぶ必要があり、自制心が求められます。つまり、人間をよく知るということです。感情を抑えて自分の向かうべき道を選択する必要があるのです。本当の自分は会社を成長させることであるなら、感じを横にずらしておくことです。

怒らない・嘘をつかない・気を使う・誠実・素直・指摘はしないなどなどを原則的に守れば、ちいさな会社であれば事業は繁栄することでしょう。小さな会社は経営者で決まると良く言われます。私のコンサルティングは最後はこの辺がどこまで経営者に伝えられるかが成果に繋がります。

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長