業績向上の秘策・売上げアップの秘策|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

業績向上の秘策・売上げアップの秘策

業績向上

目次

経営者なら誰でも願う「業績向上」・「売上アップ」

「業績向上」・「売上アップ」にも効果のある魔法はありません。ですが、「業績向上」も「売上アップ」も哲学的には、「社会のために」・「顧客のために」と行動する概念を持つことになります。ここを追求すると自ずと秘策は生まれます。行動的には、「顧客や社会のために行動する」ということになります。具体的には、顧客の抱える課題や問題点の解決策のヒントを探す」ような顧客とのパートナーシップを深める行動が必要になります。そして、決めたらすぐに実行するというスピード感が重要になります。5秒で決断して、5秒で実行する習慣を身につける必要があります。

自社の価値を高める作業

今の結果は今までの経営者・社員の集大成です。であれば、自社の価値をさらに高めることが、結果的に「業績向上」・「売上アップ」に繋がります。自社の価値には、販売している商品・組織・人材などの要素があります。この部分にフォーカスをすることで、新しいものが見えてきます。言わいる「成長」ということです。「業績向上」・「売上アップ」とうと数字にフォーカスしやすいのですが、先程あげた3つの要素が成長しない限り、たとえ一時的に目標を達成しても堂々巡りを繰り返すことになります。

「業績向上」・「売上アップ」の秘策のまとめ

業績向上や売上UPは単なる数字上の目標に過ぎません。ですから数字にフォーカスしても意味がありません。その数字を作り上げるファクターであるリソースにフォーカスするべきではないでしょうか?そこには「人材」→「人財」に変えていかなければなりません。哲学的要素と行動的要素を区別したリソースを抽出してください。そして、その課題の解決こそが「業績向上」・「売上アップ」の秘策となります。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば