経営コンサルタントってどんなことしてくれるの?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

経営コンサルタントってどんなことしてくれるの?

経営コンサルタントを雇う

「いい会社」を作るためのコンサルティングワーク

自社の成長が伸び悩んだり、業績のV回復を行いたかったり、更に成長を目指す企業には、経営者の選択肢を増やす必要があります。経営コンサルタントはあなたの会社のために、最良の選択肢を提案致します。また、経営課題の解決のヒントを提供します。一流のアスリートがいいコーチを必要としているように、あなたの企業とあなたの戦略に最も適したコンサルタントを活用するのも「いい会社」を作るためには重要です。

こんな状況下ではコンサルテイングは必要です。


以下の問題や課題が生じているとお悩みの経営者は経営コンサルタントを雇うことを勧めします。

1.社員の入退社が多く、現在の企業文化を一新したい。
2.新たな商材を発掘したが、未知の分野をど販売戦略が決まらない。
3.DXを推進したいが、どこから手を付けていいかわからない。
4.会議を行っても率先して問題解決になる発言が社員からない。
5.企業理念が浸透しておらず、会社の方針が社員に理解されず、実施できない。
6.新規事業や補助金を得るために事業計画書が必要だが、社長は考える時間がない。

正しいことだけを伝えられるコンサルタントでは?

実践で経営を学んでいない経営コンサルタントや組織を持たないコンサルタントでは、机の上の議論しかできません。つまり、正しい話はできるのですが、問題解決には、「正しい」だけでは経営はできません。経営者にとっては「正しい」と思えてもユーザや社員などの立場からでは「正しい」と言えないことや、物事には優先順位があります。順番はとても重要です。ですから、大切なのは、自社特性をや環境を理解できる経営コンサルタントが理想出来です。

経営のテクニックではなく、本質的な課題解決を

経営のテクニックを取得するには、経営コンサルタントを利用する必要はありません。本質的な課題解決を自社の経営者のように取り組んでくれるコンサルタントなら優秀な社員を一人一時的に雇ったと思えれば、高い費用対効果は得られるでしょう。また、経営に真摯に向き合う時間を作れるのが経営コンサルタントとの時間でもあります。そして、自社を俯瞰視してもらえるだけでも経営コンサルタントを雇う価値はあります。

幸運は、そんなに長く続くものですか?

創業社長などは死物狂いで経営をしてきたので、多くの幸運を手に入れることができます。しかし、成長期も終えると管理業務に時間を取られ企業成長が停止します。哲学的には理念の再構築と実践が必要になり、行動的には経営の技術を学び、それを取り入れる必要があります。そして、最終的には経営者の感性で選択決断する必要があります。私のコンサルティングでは、「夕食の魚を釣る方法ではなく、魚の上手な釣り方」を習得してもらうことを大きな目標としています。

マーケティング・財務・人材育成が経営者の仕事

顧客を観て顧客の変化に対応するマーケティングを実施して、財務管理を厳密にして、社員への利益の分配を継続的に拡大する必要があります。そして最も重要なのが、企業を大きな器と例えるとどれだけの美味しい料理がその器に載せられるかという問題になります。業績IUPは「社員の成長と感じる幸せとヒレするのではないでしょうか?この3つのファクターを忠実に実践していくのが、これからの時代も成長を続けれれる会社の経営者になるということではないでしょうか?そのためにも経営コンサルタントの役割は重要です。

SNS:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
On Key

Related Posts

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ 年末年始の休業について、以下の通りお知らせ申し上げます。   ■年末年始休暇 12月29日(水)〜1月6日(木) ■年内の修正・サポート受付〆切  12月24日(金)午後3時まで   それ以降のご

信頼経営

社員を信頼できる経営者こそ信頼をされる。

私も経営者ですが、私が社員に「信頼されているのか?いないのか?」は不明です。しかし、私は社員を信頼します。私ができないことを社員はしてくれるから会社が形成されます。よって、社員が必要になります。社員を信頼できないで社員を