成功を継続できる経営者の視点とは?[フライング編]|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

成功を継続できる経営者の視点とは?[フライング編]

フライング

目次

フライング

経営者は「待って」はいけません。フライングこそ成功の秘訣です

待っていても状況は何も変わりません。例えば、今回の新型コロナウイルスで業務が停滞するのではあれば、これをチャンスとして今できることをしましょう。それは、「変化を受け入れる体質に自社を変える時間」が得られたということです。社内のコミュニケーションを高めて、「自社の顧客はだれなのか?」「自社が向かう方向は?」「デジタル化はどうするのか?」などなど、時間を使っていつも出来なかたことを行う事ができます。そして、フライングをする技術を身に着けましょう。

フライングこそ成功の秘訣です

「見積り提示機関より3日早く提出する」と様々なメリットがあります。時間の余裕を持って仕事をすると急な出来事にも対応できます。マーケティングを追求すると行き着く先は、競合他社と同じような方向性になるケースがあります。そんなときも一早く行動した方が優位に立ちます。失敗からのフィードバックも得られます。ですから「フライングこそ成功の秘訣」なのです。

変化を促進するには?

周囲が変化してから自社を変化させようとすると、明らかにその遅れを取り戻すエネルギーは、人より一歩先に始めるエネルギーの非ではありません。変化するときのリスクは、「それを行わなかったとき自社はどうなのか?」を予測してください。そして、判断すると「今やるべきこと」は、まず第一歩を熱い湯に足をつけるように片足から進めてください。

SNS:
On Key
最新のブログ
原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば

経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長