ものづくり(製造業・商業・サービス業)補助金申請

平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業の補助金申請書作成サービスを承ります。 前回より予算が拡大された「ものづくり・商業・サービス補助金」の受託約確率の高いテンプレートや専門家による支援を認定経営革新等支援機関である弊社で行なえます。長野市周辺・松本市周辺の方でなくても対応可能です。ただし、作成期間が短いので事前予約者に限ります。本年中に設備やシステムの導入を予定している企業様に最適な補助金です。補助金申請発表は、すでにされました。実施は2月になる予定です。 補助金について、まだ確定はしておりませんが中小企業庁よりは予告は発表されました。 平成29年度補正予算「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」に係る事務局の募集及び同補助金の事前予告を行います。
スピード感を持って変化させるには?

スピード感を持って変化させるには?

変化をしなければいけない自分を知るためには?そして、それにスピード感を持たせるには? 実に長い見出しになりました。本日お話したいのは、あの有名なスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチについて、実はあまり引用されない部分について、今更ですが、ここで解説をしたいと考えます。点と点を結ぶ話は、3つのテーマの初めでしたから記憶に残っている方もいらっしゃるかと思いますが、3のガンの宣告という重い話であったとのその前のスピーチが印象に残らなかったのかもしれませんね。その話は、「スピード感を持って変化させるには?」にはとても重要な話でした。 それは、「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と。その答えが何日も「NO」のままなら、何かを変える必要があると気付きます。という部分です。 選択と集中した仕事をする 「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と問うのは、ちょっと重いかもしれません。ですが、今月、いや今年死ぬとしたら今あなたのやっていることは重要な事でしょうか? 7つの習慣のスティーブン・R・コヴィー博士も言っています。First Things First 「最優先事項を優先する」。そして、ピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、「選択と集中」を説いています。つまり、最重要事項を経営者は常に行う責任があるからです。 先送りしないスピード感 スピード感と言っても、早く走るという女とではありません。「今月死ぬ」と考えて、今やっていることの最優先度とはどんな仕事ですか? 特に経営者の仕事となると使命感に満ちた決断が必要になります。最優先事項をまず行う必要があります。最近、「え、まだ若いのに」と突然経営者がなくなっています。人間いつ死ぬかわからないのです。そして、その運命を受け止めて。 以下に翻訳されたスティーブ・ジョブズが2005年にスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチの「死について」の話の最終話です。 3つ目は『死』についての話です。 17歳の時に、こんな言葉に出会いました。 「毎日を人生最後の日だと思って生きよう。いつか本当にそうなる日が来る」。 その言葉に感銘を受けて以来33年間、私は毎朝、鏡の中の自分に問いかけています。「今日で死ぬとしたら、今日は本当にすべきことをするか?」と。その答えが何日も「NO」のままなら、何かを変える必要があると気付きます。 「すぐに死ぬ」と覚悟することは、人生で大きな決断をする時に大きな自信となります。なぜなら、ほとんど全てのものは、周囲からの期待、プライド、失敗や恥をかくことへの恐怖などで、そういったものは死に直面すると消え去るからです。そこに残るのは、本当に必要なものだけです。死を覚悟して生きていれば、「何かを失うこと」という心配をせずに済みます。あなたは初めから裸なのです。素直に自分の心に従えば良いのです。 私は1年前、ガンを宣告されました。 朝7時半に受けたスキャン、膵臓にはっきりと腫瘍が写っていました。私は「膵臓」が何なのかも知りませんでした。医者からは治療不可能なタイプの腫瘍だと聞かされ、3~6ヶ月の余命を宣告されました。 医者は「家に帰って、やり残したことを片付けろ」とアドバイスしました。つまり「死ぬ準備をせよ」という意味です。つまり「子供たちに全てを伝えろ」ということです。今後10年で言うつもりだったことを数ヶ月のうちに言えということです。つまり、家族に負担が残らぬよう全てにケリを付けておけということです。つまり、「さよならを言っておけ」ということです。その宣告を抱えて1日過ごしました。 その日の夜、カメラを飲む検査を受けました。腸から膵臓へ針を通し、腫瘍細胞を採取する検査です。私は鎮静剤が効いていたのですが、そばにいた妻の話によると腫瘍を検査した医師たちが叫びだしたそうです。その腫瘍が手術で治せる非常に稀なケースだからでした。 私は手術を受け、おかげで今は元気です。これが私の最も死に近づいた経験です。今後、数十年は勘弁願いたいですね。 それを通して、死がただの概念だった頃より、確信をもって言えることがあります。「誰も死にたくはない」ということです。天国に行きたい人でもそのために死のうとはしない。 しかし、死はすべての人の終着点であり、誰ものがれたことはないし、今後もそうあるべきである。 なぜなら、死は生命の最大の発明なのだから。死は古き者を消し去り、新しき者への道をつくる。ここでの「新しき者」は君たちのことです。 しかしそう遠くないうちに君たちも「古き者」となり消えてゆきます。 大袈裟ですみません、しかし紛れもない事実です。 あなたの時間は限られています。無駄に他人の人生を生きないこと。 ドグマに囚われないでください。それは他人の考え方に付き合った結果にすぎません。他人の雑音で心の声がかき消されないようにしてください。そして最も大事ななのは自分の直感に従う勇気を持つことです。直感とはあなたの本当に求めることを分かっているものです。それ以外は二の次です。 私の若い頃、「全地球カタログ」という素晴らしい本がありました。私の世代のバイブルです。スチュワート・ブランドという人によってこの近くのメンロパークにて制作されました。彼の詩的なタッチが紙面に命を吹き込んでいました。1960年代後半のことで、パソコンもない時代です。全てがタイプライターやハサミ、ポラロイドなどで作られていました。Googleが生まれる35年も前の、文庫版Googleといったものです。 理想主義的で素晴らしいツールや偉大な信念に溢れていました。 スチュワートのチームはいくつかの刊行を重ねた後、一通りのネタが出尽くしたところで最終巻を出しました。1970年代中盤のことで私は君たちの年齢でした。 最終巻の裏表紙には早朝の田舎道の写真がありました。 冒険好きならヒッチハイクなどで目にするような光景です。 その下にはこんな言葉がありました。 「Stay hungry, stay foolish」(貪欲であれ、バカであれ) それが彼らの別れの言葉でした。 「Stay hungry, stay foolish」(貪欲であれ、バカであれ) 私も常々そうありたいと思っています。 そして今、新たな人生を踏み出す君たちにも、そう願っています。 「Stay hungry, stay foolish」(貪欲であれ、バカであれ) ご清聴、ありがとう。 スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ

長野市で一番の経営コンサルティング会社

長野市でマーケティングにコンサルティングができる経営コンサルタント 長野県下でマーケティングコンサルティングができるのは、長野市の認定経営革新支援機関である経営コンサルティングATFです。他にないので1番となります。ニッチな業務ですが、マーケティングを褐葉した経営理念の作成やWeb系のマーケティングコンサルティングで業績拡大が得意な経営コンサルテイングです。長野市内でも大手のクライアントが抱えております。しかし、従業員10名程度の小さな会社や工務店などコンサルティングをご用命の方は。是非、お気軽にお問い合わせください。

マーケティング2018

年末・正月休みを利用して、この春出版予定の「小さな会社のマーケティング」というタイトルの原稿を書いていました。マーケティングを追求すると企業経営で人材育成と並ぶほど重要なのがマーケティングであることを確信します。何故ならば、企業と顧客の関係しかなく、顧客が企業の商品や企業の価値を感じなければ、その存在はありません。そして、人材教育や設備などの資産は、すべて顧客を喜ばせることに注がれなければいけません。ですから、マーケティング、顧客を見る作業がとても大切なことを2018年も布教活動のように長野市を中心とした全国で経営コンサルタントして、セミナーや講演を行って参りたいと思います。 また、今年はコンサルタントして、MA(マーケティングオートメーション)の活用のサポートや業績アップのためのビジョンづくりなどを中心になるでしょう。

ブランディングよりキャッシュフローの改善が先

マーケティングに無知な間違ったブランディングの教えにご用心 経営コンサルタントとして苦言を呈したい。ウェブ制作会社などが、ブランディングを勧める。業績向上にコミットしないで、間違ったブランディングの考え方をしてはいけない。もちろん、社員20名程度以上の銀行預金が借入金よりある会社なら問題。まず、その域に達するまで、日本の企業の80%程度はキャッシュフローの改善を図らなければならない。 いざという時の内部留保を ブランディングとは、日々の営業活動により、積み上げられていくものである。そのものにお金を掛けて行うよりも、まずキャッシュフローの改善が必要ではないか?そして、その改善方法とは、3つあります。 1.資本金を注入する 2.借り入れを越す 3.利益高・売上高を上げる 稼ぐ力がキャッシュフローを改善する 利益率の高めるか、売上効率を高め現金を貯める。そのためには、マーケティング戦略を行う必要があります。 業績拡大が経営者の最大の役割で、それは、イノベーションとなる。サービス業のイノベーションは、常に新しい顧客の想像にあります。顧客の思考の変化をいち早く捉え、新しい顧客を創造することです。マーケティングとは、顧客見る。もしくは、顧客の視点になるということです。どのように売上を上げるかではなく、どのように顧客に喜んでもらうかを考えなければなりません。そして、企業はmすべて現金(キャッシュ)により成り立っているのです。給与・返済は、現金により行われます。
経営の最も需要事項を学んで業績UPを

経営の最も需要事項を学んで業績UPを

経営のもっとも重要な事項は? 経営を英語にするとマネージメント。ドラッカーは、マネージメントは人間重視と教えている。その人間は、社員・経営者のことだろうか? もちろん、社員に目的達成のために成長をさせ、一つの方向に向けるのは当然必要である。ただ、ドラッカーを学んでいると少し違うようだ。全社員がマーケターである必要性を言っている。つまり、マーケティング重視となる。このマーケティングは、ユーザーの視点で行動するということです。つまり、まとめると全社員がユーザーの視点に立って行動をするシステムを作ることになります。 そもそも企業は、顧客との関係で成り立っています。その関係を多くの経営者は、もう一度確認する必要があると私は考えています。 企業と顧客の関係 企業と顧客の関係だけで成立しているのがビジネスです。売手と買手の関係をもう一度確認にする必要があります。そもそもどんな価値で現在の顧客は、自社で商品・サービス・製品を購入しているのか?顧客は、どんな問題を抱えて、自社の商品に何の変化を求めているのか?すべて、真のマーケティングを学ぶことで理解できます。
経営コンサルタントの仕事とは?

経営コンサルタントの仕事とは?

私の経営コンサルタント論 私は、経営コンサルタントとして、マーケティングが経営のいちばん大切なことだと考えます。その経営とは、英語にすると management(マネージメント)となります。マネージメントとは、人間を中心に行います。そして、お金を動かしました。その動かし方もマネージメントになります。そして、経営構造には、企業と顧客の関係しかありません。であるから、マーケティング(顧客視点で考える)が企業経営には最も重要になります。そして、全社員がマーケティングを行う必要があります。言い換えれば、全社員に「お客様の視点に立つ」ことを身に着けさせるのが経営者の仕事になります。 経営コンサルタントは、哲学と手法を伝授する 上記のマーケティングは、哲学のようなものです。経営コンサルティングでは、あまり必要とされない内容かもしれません。業績を拡大するには、「お客様が喜んでくる」「お客様が自社に価値を見出してくれる」ことにフォーカスする必要があります。そして、その手法にはいろいろな方法があります。しかし、手法だけを教えても、哲学的な部分が浸透していないと行動的な部分だけでは成果は得られません。 経営コンサルタント、人材の成長と変化 経営コンサルタントとして、人材育成や人材の成長を施すには、社員の変化を導く作業が必要だと考えます。まず、第一に経営者自身が変化をすることです。つぎに、変化の機会を社員に常に与えることです。言い換えれば、経営者は、常に顧客に何かを与えることを考え続け実行します。それと同様に社員にも変化の機会。つまり何かに挑戦してもらうチャンスを常に与える必要があるということです。 経営コンサルタントが与えるのも経営の哲学 経営コンサルタントが一時的に利益や継続的な仕組みの変化による業績拡大を支援する仕事である面、一方では、経営の哲学的なもの軽絵者に持ってもらうための作業が必要になります。それは、まず、常に与える仕事が経営者の基本的な差ごとであることを理解して貰う必要もあるのです。

10年ビジョン作成で業績UP!

社内セミナーを終えて、2017年の経営セミナーは終了しました。来年さらに10年ビジョンに関するマーケティングの必要性をアピールできるセミナーを行いたいと思います。業績UPを実現させたかったら、10年先のビジョンをしっかりと作って、中期3カ年計画を立案して欲しいと思います。そこに必要なのは、顧客を見据えたマーケティングと新し顧客を創造するイノベーションです。そして、社員教育となります。この3つのバランスがいい会社を作る要素ではないでしょうか?経営コンサルタントとして、長野市活動する1年目の年末が終わろうとしています。そろそろ来年の軽コンサルティング活動の方向性を極めなければなりません。 多くの企業が10年先の自社のイメージが確立していません。ワクワクドキドキする10年先の自社の姿をイメージしてみませんか?ただ夢を書くのではなく。どんな資産を形成しているのか?そして、その10年ビジョンを達成するために3年間で行うとこと、今年度で行うことを極めましょう。そして、そこには顧客の新しい変化を見つめること、発見することが重要になります。
ビジョン・理念・マーケティングのセミナー

ビジョン・理念・マーケティングのセミナー

ビジョン・理念・マーケティングを長野の経営者に学んでもらいたい! 異業種交流や様々な勉強会でビジョン・理念までを学ぶセミナーや勉強会はあるのですが、ドラッカー博士の「企業は顧客創造」そのための企業の2つ構造は、マーケティングとイノベーション」というように、私は、「顧客を見」を中心とした「ビジョン・理念・マーケティング」や使命についての軽絵セミナーをこれからもおこなっち来ます。昨日、信州経営パートナーズ協会でセミナーを行いました。そして、今週、社内セミナーで2017年のセミナーは終わります。 ビジョン・理念・マーケティングから経営マネージメントまで 経営は人。企業は人づくりが大切です。しかし、その企業の人材がマーケティングを行わなければなりません。つまり、お客様視点で仕事をするということです。そして、綺語マーメージメント目的は、経営者と社員が同じ目ベクトルで目標に向かうことです。そのために必要なのが、ビジョン・理念・マーケティンなのです。 来年は、ビジョン・理念・マーケティングのセミナーをさらに強化して、長野の方々にお伝えしたいと考えております。
マーケティングを重視した経営コンサルティング

マーケティングを重視した経営コンサルティング

経営コンサルタントは、経営学を学び・最新の質の高い情報を収集したインプットします。そして、それを経営者の問題解決や向かう方向性に向けた最適な道筋や知識をアウトプットとなるナビゲーションを行います。ドラッカーは、マネージメントは人間の尊厳と言っています。弊社の経営コンサルティングは社員のモチベーションの向上と人材育成の視点から「経営改革」を支援します。そして、その経営改革を成功に導くために提唱するコンサルティング手法をご提案いたします。しかし、忘れてはいけないのは企業は、顧客との関係で成立していることです。そこには、地域社会との関係もあります。すなわち人間の尊厳を重視する経営では、社員をひとまとめに社員としてではなく、個々の人生というドラマの主人公という視点で経営が行われる必要性があります。そして、そこには、顧客様視点で考えるマーケティングとイノベーション(経営革新)が重要になります。 私たちは、社会をより良くする「良い会社」・「日本一に向けて成長を目指す企業」を経営コンサルティングとして、マーケティングを重視した経営コンサルティングを行います。
顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

ウェブサイトコンテンツづくり ウェブサイトは、通常の経営コンサルティングでは、多くのアドバイスができない。しかし、この時代、ウェブは経営に強く関わってくる。また。「良い会社」は、ウェブでもその優位に立っていることが多い。 以下の質問に沿って、考えてみましょう。以下の3項目は、多くの企業が陥っている販売についての間違ったアプローチです。 1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか? 2.あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか? 3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか? 1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか? 多くの見込み客が、あなたの考えるあなたの商品の優れた点を理解できるでしょうか?それらを説明しても見込み客は、「面倒くさい」「難しい」「ホントかな?」などと感じないでしょうか?顧客は、何かを購入した時に、その後の自己の変化を期待して、購買行動を起こします。あなたのアプローチにより顧客が見出す価値があります。 2. あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか? 絶対的な技術力の差があるのであれば、問題はありません。特に製造業などは、専門的なコンテツに価値を感じるでしょう。しかし、競合他社との差別化できれば問題ありません。そうでない商品や製品を扱っている企業では、早々差別化はできません。であるならば、販売方法の差別化を検討する必要があります。そして、清潔度・親切度・おもてなし度・デザインなどなどの部門で他者より優位なウェブサイトコンテンツを作成することをオススメします。 3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか? つまり、購入しなければわからない点だけを追求するより、顧客の購入前にフォーカスした、サービスを高められるコンテンツや実績などをアピールする必要があります。また、お客様の声などのコンテンツをウェブサイトに掲載する必要があります。 これらの内容はウェブマーケテインングというよりも基本的なマーケティングだとお考えください。
あなたの顧客は誰ですか? デジタルマーケティング

あなたの顧客は誰ですか? デジタルマーケティング

デジタルマーケティングの時代から見えてくる顧客の抱える問題 ビジネスにおいて重要なのは、顧客を正しく知ることです? どこで、どんな顧客がいつ何を求めているか、ここにチャネルを通じてどのように問題解決のためのTOOLや自分を持っている「よりもっと」yという要求にを知る必要があります。それが見えてくるとマーケティングプランも信じられないほど高い成功率を収めることでしょう。そして、アドビは以下のようにアピールしております。 アドビはアナリティクス分野で3年連続リーダー ところが顧客理解に役立つデータはさまざまなシステムにサイロ化して保管されていることが多く、これらをまとめるのは非常に困難です。たとえ顧客情報を統合できたとしても、マルチチャネルに分散しているデータからアクションにつながるインサイトを導き出すには、時に大変な労力を要します。 ウェブマーケティングでは、不可能な領域 ウェブマーケティングでは、もはや変化する顧客の問題解決が何であるのかを知ることができません。時代は、デジタルマーケティングの時代です。顧客の問題を他社よりいち早く知ることで、その問題解決にコミットしたマーケティングが可能になります。長野県の企業様向けのデータドリブンの実施はATFにお任せください。 動画で見るデータ データドリブン

大切なのWEB SITEの周辺ウェブマーケティング

デジタルマーケティングを踏まえたウェブマーケティングを 多くの企業がウェブマーケティングを間違って行っているようです。SNSの活用は、時間的な問題もあり、SNS広告に絞って、購買時にユーザーにSNSを利用していただくようにウェブマーケティング活用する必要があります。デジタルマーケティングを踏まえて、SNSの活用は、ユーザーに拡散してもらいユーザーを営業マンとして活用することも考慮したい。 つまり、WEBを制作させるのではなく、WEBを利用して、企業全体のマーケティングのプラットフォームとして活用するべきではないだろうか?どんどん複雑になってくるWEB環境もウェブコンサルタントが俯瞰視して評価する必要がる。スマホ利用者をどう取り込むかが鍵となるでしょう。
P.F.ドラッカーの書籍

P.F.ドラッカーの書籍

私が読んだドラッカーの書籍のご紹介 コアコンピタンス:あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。最初に問うべきは、「我々の強みは何か」である。の名言から今回ご紹介している経営者に贈る5つの質問[第2版] 経営者に贈る5つの質問[第2版]まで 新訳 経営者の条件 (ドラッカー選書) マネジメント[エッセンシャル版] - 基本と原則 Amazon.co.jp ウィジェット