顧客を育て、社員を育てるのが社長の仕事。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

顧客を育て、社員を育てるのが社長の仕事。

経営コンサルタント 長野

目次

社長の仕事とは

リーダーシップを発揮して、未来のビジョンを描くのが社長の優先順位1位の仕事です。それを行ったら毎日、そのビジョンを社員に刷り込む必要があります。つまり、訴え続けるのです。正しいビジョンであれば、それに伴う精神的なものはあとから付いてきます。まず、メッセージを共有します。このことが一番大事です。社員の潜在意識に埋め込む必要があります。そして、現実的には、新規顧客を獲得するための仕組みづくりが重要事項の優先度2位になる社長の仕事です。顧客があってこその企業です。つまり、社長の仕事はマーケティングということになります。そのために顧客にあって話を聞いたり、人にあって多くを学ぶ必要があります。更に顧客を育てるのがマーケティングとなり、そのマーケティングが理解できる社員を育てる社長の仕事です。

売れた後はどうにかなる例

19995年辺りにスターバックスは、日本に進出して日本人からも人気を得ましたが、当時、コーヒーはある程度美味しいのですが、ブレットやケーキがアメリカ味で、いただけなかったのです。でも、今は日本人好みのサンドイッチやケーキが並びます。要するには、新規顧客を獲得できれば、それを対応するのが社長以外の社員の仕事になります。問題は、新規顧客が思ったように獲得できないというケースです。よって、社長の重要な仕事はマーケティングです。そして、最大利益化の追求が次のテーマとなります。

顧客を貞光ということは?

高額商材販売や住宅販売のように競合他社が多く、比較的高額な商品を販売する企業では特に顧客を育てる行為が必要になります。「満たされた欲求は、欲求になりません」。ですから、顧客の次の欲求を探り、金額も質も高まる商品を購入してもらうためのに顧客教育が必要だということです。「なるほど、これはいいね!今までなかったけど、あると便利だね。欲しいな〜」とい声が聞かれるようにするということになります。そのためにも社長はマーケティングを学ぶ必要があるのです。

今の商品の売上の最大化と利益の最大化を

新商品開発とは投資となります。マーケティングでは、今の商品の売上の最大化をするために市場の細分化(セグメンテーション)を行います。新しい売り先の可能性を探る。新しい自社商品御徒をアピルールする。これらにより、今の商品の売上の最大化と利益の最大化は図れます。

コンサルテントとZOOMにより無料で30分相談

SNS:
On Key
最新のブログ
経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長

経営理念
「経営理念」は、名詞ではなく動詞です。

経営理念とは、名詞ではありません 経営理念は「名詞」ではなく「動詞」です。多くの企業は、経営理念を掲げています。しかし、その理念が単なる「名詞」として存在し、社員の行動や意思決定に活かされていないケースも少なくありません