小さな会社のためのコロナ対策の特効薬|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

小さな会社のためのコロナ対策の特効薬

新型コロナの特効薬

経営改善に特効薬はあるのか?

多くの経営者は問題が発生するとすぐに特効薬を求めます。それは傷口を絆創膏で塞ぐようなもので、その傷が深い場合、なんの役にも立ちません。しかし、いつも他に依存した経営判断だったり、マーケティングを行っていると、その特効薬もみつからなくなり効果も期待できなくなるからです。DXと騒がれている現在、それがこのコロナで低迷する経済環境の打開策なのでしょうか?もちろん手法としては有効な業態や企業もあるのでしょう。しかし、それを操る経営者、社員が意識を変えなければならないのでしょう。「そもそも自社の価値とは?」ともう一度掘り下げる必要があります。そのためには原点復帰する必要があるのです。

原点復帰とは?

シンプルにお考えください。新型コロナの経済環境では、全体に低迷するのではなく、業績が平均的に下がるのではないでしょうか。新型コロナの犠牲者のような観光業や飲食業でも残る企業・残らない企業が明確になります。明らかなのは、代用品がネット上に出現するようなビジネスではリアル店舗での運営が厳しくなります。人はそのようなリアル店舗で買い物をしなくなります。独自性がなく、特長のない企業の存在価値は無に等しいのではないでしょうか?問題は存在価値です。存在価値が高まれば利益率も高まります。そして、今必要なのは創業時の思いに戻り、がむしゃらになることではないでしょうか?また今が企業の生き残りについてのターニングポイントではないでしょうか?

結局「人」です

人が売り手で、買い手が人なのです。小さな会社のためのコロナ対策の特効薬とは、人格主義の経営をすることです。自分の会社の売上だけにフォーカスする経営者にはできないことです。自分に個性があることを理解できれば、社員も取引先も顧客の自分とは異なることを認め、どう違うのかを見つめることです。つまり、マーケティングである「顧客を見る」という概念と「誰に」「何を」提供するかという概念になります。

SNS:

On Key

最新のブログ

スピリチュアル

次の世界に向かう列車の切符を手に入れる経営とは?

「失敗を買う!」リスクを買う!」ことのでき有機こそが成功の唯一のファクター 先日、経営者の会で新しい挑戦について話し合いました。コメントを求められた私は、「失敗を買う!」「この行為ができる経営者が成長を遂げる経営者ですね

営業力強化セミナー

営業力を高めるには?

マーケティング?それとも営業? マーケティングとセールの違い何かと、多くのところで語られていますが、地方の中小の企業では、そんな違いを論じているのではなく、「どちらが自社の成長に繋がるのか?」を考えるのではなく、「どちら