「勇気」ある経営判断力を養うために|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

「勇気」ある経営判断力を養うために

住宅と知識

「勇気」こそ優秀な経営者には絶対的な要素

「石橋を叩いて渡る」という言葉があります。2つの意味があるそうです。一つは、「用心深」で、もう一つは「臆病」という揶揄となります。しかし、私は、経営者にとってどちらも大切だと思います。ただ、この2つの「臆病+用心深」+「スピード感」という相反する要素が現在の経営には重要だと考えます。マーケティングも同様です。すべてが未来への挑戦なのです。正解のない正解の定まらない世界なのです。「度胸」と「勇気」は似たようなものですが、ある意味「度胸」も必要でしょう。また、目指す先である目標や経営理念の遂行・ミッションの達成意識などにより、「勇気」は、高まります。つまり経営に対する熱量に関わります。しかし、圧倒的に高めるには、「学ぶ」ということと質の高い情報を常に仕入れておく事が重要になります。 何故、「スピード感」が大切かというと、「熱」は時間が経つと冷えるのです。また、「待つ」という行動こそ人生には無駄な作業となるからです。「スピード」は現在の経営には「命」とも言えるでしょう。他社を追走するにはエネルギーと精神面の負担が増大します。

多くの成功例を知っていれば「勇気」はそれほどいらない

「先が見えないから不安」なのは、今の新型コロナウイルスのようなものです。まず、「選択」や「決断」が経営者の大切な仕事だとすると、その「選択」や「決断」に関わる情報や学んだ経験がスピードある「選択」や「決断」がなされることで目標に向かえます。迷えば迷うほど「勇気」が消滅していきます。ですから、「その「選択」や「決断」を行わないと自社が将来どうなるのか?」を考えてください。私も「籔田さんは強い!」とある尊敬する会計士の先生に言われました。その理由は、「一度命を落としかけたから、最悪を知っている」と言われました。最悪の落とし所が見えていれば、挑戦するしかないのです。人生は1度です。人生を楽しめていない経営者に誰が付いて行くのでしょうか?

選択・決断のガイドライン

といっても先をイメージする力を私は大切にします。そして、それが実現されることも知っています。長いアメリカでの仕事が「イメージの重要性も教えてくれました。そこで、正しい考え方を学ぶ必要があります。そこで、「選択」や「決断」をする前に私が行っているガイドラインがあります。
  • 情報が揃ったら待たない
  • 問題にフォーカスしてはいけません。チャンスにフォーカスしましょう。
  • それを决定しないと将来の自社はどうなるのか?を想像する
  • 企業理念に正してみる
  • 社員に聞いてみる<
そして、「イシューを特定する」必要があります。それすら経営学を学んいなければ行いませんね。私は「仮設力」と言いますが、「想像力」に似た力です。私たちの仕事は、一つの仮説から実施されたものを評価・検証し、更に修正を行います。PDCAサイクルのようなものです。このことを知っていれば、ある程度の情報だけでも「選択」や「決断」ができるのです。「度胸」で経営する人もこれらを行っていると案外成功するのです。大切なのは行動するということです。そして、常に改善を行っていきます。

哲学に基づいた「勇気」の使い方

経営理念や使命感に基づいたミッション・ステートメントを持っている経営者は、「度胸」もしくは「勇気」を持って前に進めます。この場合、上記の仮設力や行動力はあっても技術力にかけると成長のスピードは高まりません。「正しい考え方+能力+熱意」が重要だと京セラの稲森さん語っていましたが、この「正しい考え方+能力」は、学ぶことができても「熱意」は、学ぶことが難しいと私は思います。そのために「成功の哲学」を学んでも、その人が「目指す先+熱量」は、他者が教えたりコントロールすることはできません。 個人心理学のアドラーに関する岸見一郎先生の著書「嫌われる勇気」・「幸せになる勇気」の勇気二部作は、変化するとは、自分を捨てることで、人間は変化を避ける。それは自分を捨てる「勇気」を持ちたくなとのことです。「勇気」はもっと重要なファクターなのです。「変化」に必要なのも「幸せになる」にも勇気が必要だと説いています。私は、「いい会社をつくる」のにも相当の勇気が必要だと思います。この「勇気」が持てた人だけが創業や起業するのでしょう。だkら継承者より「決断力」の面では創業者のが一般的高いのも事実かもしれません。

最新の経営コンサルタントブログ

マインドフルネス

経営者のための不安感を克服する方法。

経営者の大敵である不感安を克服するには? まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだとも誰もわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来

記事を読む »
経営者はメガネを選ぶ

経営者はメガネを選ばなければならない!

見方が考え方を変え行動を変える 心理学的な話になりますが、「現実」とはそれを感じる人の味方なのです。実際に行ったことで、それぞれの人が評価を下すのです。ですから、それぞれ異なるといこうとです。当然のようにその「現実」に対

記事を読む »
人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分

記事を読む »
デジタル化

DXの推進。あなたはどんな一歩を踏むのか?

DXとは? まず、DXの定義を確認しましょう。私はデジタルによる企業のデジタル化への変身と業務の質を向上させ資産性を高めるデジタル化強いうと考えます。あくまでも人間主体の経営である必要があります。 DX(デジタルトランス

記事を読む »

「学び」を「実践」するために、あなたが今行っていることは「正しい」と言えますか?「コンサルティングサービス」の重要性。

リーダーシップの力を高めませんか? 社長の重要な仕事はリーダーシップと人材育成。そしてマーケティングです。 こんなお悩みの経営者のために! 人材が育たない!とお悩みの経営者 DXの取り組みに悩んでいる 売りが伸び悩んでい

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード