知識労働社会の「人財」経営とは?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

知識労働社会の「人財」経営とは?

人財育成

知識労働社会の人材育成は?

営業力ある経営者がいつまでも営業に携わっていると会社は成長しません。営業力ある経営者は、社員を顧客として考えるくらい極端に「人財育成」を経営者の優先順位第1番の仕事にしなければなりません。そうでなければ、自社の成長を諦めたのも同然です。

全社員に経営理念が共有されている会社は「強い」。しかし、理念を重んじている経営者の多くが、「知識労働社会」の概念で経営理念を作っています。つまり、過去の経営の価値判断で経営者の都合の良い経営理念になっているケースや「ありがとう経営」という不明確な表現でごまかしている点も見受けられます。ドラッカーは、「知識労働者は賃金よりも社会的な認知や貢献というステータスを重んじる」と説いていました。モノを単純に作る時代は遠い昔に終わりました。ですから、知識労働社会の人材育成には、「自己実現と貢献」を重視した教育ともに理念が必要になります。

人財育成

知識労働社会の経営理念の作り方

自己実現の時代に社会貢献と社員の自己実現にコミットした経営理念が必要です。そして、その経営理念から経営戦略を導き、人材育成が行われる必要があります。以下の価値観で作る必要ではないでしょうか。
1.社員の幸せの創造
2.社会への貢献
3.コアコンピタンスの創造

顧客への貢献や顧客への価値づくりなどは、企業として当然のことで、ここで理念とする必要はなく、顧客向けには、企業チャッチフレーズのようなものを作る必要があります。

「ありがとう」という経営理念がないを意味するのか?

「ありがとう」という経営理念がことばだけではなく、経営者を始めとする全社員が理解しているのか? それは、単なる会社のためだけではないことを証明していかねけれなりません。その上、ドラッカーが説く以下の6項目が必要になるのではないでしょう?

1.成し得るべきもの決める。
2.仕事に責任をもたせる。
3.仕事を常に進化させる。
4.学び、教える組織をつくる。
5.達成するものを明らかにする。
6.仕事の価値を明らかにする。

一人ひとりとの社員と真剣に向きある姿勢

最終的には、十把一絡げの「社員」ではなく、どんな社員数が多くても一人ひとりと真剣に向きある姿勢が経営陣には必要です。会社は、顧客から社員が価値の交換により得た資金により運営されるわけです。ですから、末端の社員が「顧客を見る」というマーケティング視点が重要になります。パート・アルバイト・契約社員を問いません。言い換えれば、社員幸せ創造業のようなものです。社員のためのの時間を十分にとって、社員を顧客と同様に考え、社員一人ひとりの価値感を理解する必要があります。

今、経営者がやらなければいけない10の項目

最新の経営コンサルタントブログ

長野経営コンサルティング

継続できる企業の条件

こんなときでも修正できる企業経営とは? 例えば新型コロナの影響やウッドショック、または製造業においては半導体不足など、例え誠実に経営を行っていても逆境に遭遇するときはあります。その時に修復ができる企業が継続できる企業の条

記事を読む »
マインドフルネス

経営者のための不安感を克服する方法。

経営者の大敵である不感安を克服するには? まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだと誰もがわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来

記事を読む »
経営者はメガネを選ぶ

経営者はメガネを選ばなければならない!

見方が考え方を変え行動を変える 心理学的な話になりますが、「現実」とはそれを感じる人の味方なのです。実際に行ったことで、それぞれの人が評価を下すのです。ですから、それぞれ異なるということです。当然のようにその「現実」に対

記事を読む »
人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print