LTV(生涯顧客価値)に注目するマーケティング|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

LTV(生涯顧客価値)に注目するマーケティング

LTV マーケティング

LTV(生涯顧客価値)に目を向けたマーケティング

売上拡大を目指して、新規顧客ばっかり追いかける会社や営業マンにおいては、この時代、苦戦を強いられているようです。しかし、固定客は、毎年、10%から20%程度が離脱すると言われます。この5%から10%の固定客に十分なメンテナンスを行うことと、新規顧客を獲得するための経費や時間とでは5倍〜10倍程度の時間も経費がかかるといわれています。つまり、労働生産性の点から見ても生産性のない営業活動を多くの企業が行ってしまっているのではないかと思います。
LTV マーケティング

まずは固定客に集中するマーケティング

新規商品開発も同様ですが、現在の固定客から生涯顧客化できる商品開発を行うことで現在の顧客へも販売がしやすくなります。また、消費税の値上げやアップセル、関連商品の販売をするクロスセルは業績を拡大してくれます。つまり、すべてのことを行うことでどのように現状の売上数字が上がるのかを確認する必要もあります。

もちろん、新規顧客獲得は大切です。それには、「新商品」だけではなく「人気商品」をつくるべきです。また、ロイヤルカスタマーなどのネームバリューの高い顧客を優先して獲得することをおすすめします。また、商品の関心度や人気度を図るにためにも、LTVである現在の固定客の反応を調べることをおすすめします。ですが、このLTVを高めるのは営業担当だけではなく、製造・配送・事務などのすべての社員が一つの目標にそって行う必要があります。

アップセルとクロスセル

自社の既存顧客に対し、いつも購入している商品やサービスを、より高価なものに移行してもらう営業活動のことを「アップセル」といい、いつも購入している商品やサービスに加え、関連するものを組合せで購入してもらう営業活動のことを「クロスセル」といいます。
アップセルやクロスセルを実施することで、ひとりのお客様により多くの商品やサービスを利用してもらい、顧客1人当たりの売上や収益を増やしていくことができます。

SNS:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pinterest
Share on linkedin
On Key

Related Posts

経営は登山から学べる

高い山に登るための経営

経営を登山に例えると 経営を登山家に例えてみました。登山を知ると色々なことが経営に役立ちます。まずは、高い山に登るときに登山家はどんな行動を取るのでしょうか? まず、「準備」をします。この準備がビジネスにも登山にもとても

マネージメント

2022年小さな会社のマーケティング

マーケティングという言葉の捉え方 経営の神様と言われた亡きドラッカーは、「企業は顧客との関係しかない」・「経営者の仕事はマーケティング」・「マーケティングは営業を不要にする」などなどの言葉を残しました。しかし、日本の経営

長野市松本市経営コンサルタント

経営者のための年末年始の休みに読むべき書籍3冊

正月日本を読むとその年の経営が変わるという話 やっぱり読書は人生においても経営においてもとても大切です。何より、本を読むと勇気がでます。経営には勇気がとても重要です。そして、知らなかったことを知ったり、自分の考え方が間違

待っていけない経営

待たない経営とは?

待ってはいけない理由とは 先の読めない経済状況での生き残り策は一つです。それは「待ってはいけない」ということです。国民にも急激な2極化が進んでおり、今の政府ではスムーズな対応できないでしょう。それと同様に私たちの経営も同