経営コンサルタントの仕事とは?

経営コンサルタントの仕事とは?

私の経営コンサルタント論

私は、経営コンサルタントとして、マーケティングが経営のいちばん大切なことだと考えます。その経営とは、英語にすると management(マネージメント)となります。マネージメントとは、人間を中心に行います。そして、お金を動かしました。その動かし方もマネージメントになります。そして、経営構造には、企業と顧客の関係しかありません。であるから、マーケティング(顧客視点で考える)が企業経営には最も重要になります。そして、全社員がマーケティングを行う必要があります。言い換えれば、全社員に「お客様の視点に立つ」ことを身に着けさせるのが経営者の仕事になります。
経営コンサルティング 長野

経営コンサルタントは、哲学と手法を伝授する

上記のマーケティングは、哲学のようなものです。経営コンサルティングでは、あまり必要とされない内容かもしれません。業績を拡大するには、「お客様が喜んでくる」「お客様が自社に価値を見出してくれる」ことにフォーカスする必要があります。そして、その手法にはいろいろな方法があります。しかし、手法だけを教えても、哲学的な部分が浸透していないと行動的な部分だけでは成果は得られません。

経営コンサルタント、人材の成長と変化

経営コンサルタントとして、人材育成や人材の成長を施すには、社員の変化を導く作業が必要だと考えます。まず、第一に経営者自身が変化をすることです。つぎに、変化の機会を社員に常に与えることです。言い換えれば、経営者は、常に顧客に何かを与えることを考え続け実行します。それと同様に社員にも変化の機会。つまり何かに挑戦してもらうチャンスを常に与える必要があるということです。

経営コンサルタントが与えるのも経営の哲学

経営コンサルタントが一時的に利益や継続的な仕組みの変化による業績拡大を支援する仕事である面、一方では、経営の哲学的なもの軽絵者に持ってもらうための作業が必要になります。それは、まず、常に与える仕事が経営者の基本的な差ごとであることを理解して貰う必要もあるのです。