CXで競合との差をつける経営戦略|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

CXで競合との差をつける経営戦略

CX

目次

CXの重要性

CXとは、マーケティング戦略で注目を浴びているコンセプトです。商品やサービスの機能・性能・価格といった「合理的な価値」だけでなく、購入するまでのプロセスや商品を使用する過程での売り手との関わりや購入後のフォローなどの過程における経験「感情的な価値」の訴求を重視するものです。日本語では「顧客経験価値」という用語が使われています。

なぜCXが重要なのか?

多くの業界で共通することですが、機能・性能・価格といった合理的な価値に差異はなくなっています。商品やサービスそのものでは自社の特徴を出したり他社と差別化したりすることが難しい状況になっています。CXでは、合理的な価値に感情的な価値を上乗せすることで、「顧客の受取価値」の全体を押し上げ、差別化を図ります。すなわち、質の高い商品に質高いサービスや顧客対応がたy里差別化を図る要素であるということです。

ブランディングにも関わるCX

ブランディングを構築する上でもCXは重要であり、「顧客に対してどんな感動を与えれるか」ということをテーマとする必要があります。「満足」ではなく「感度」が重要だということです。そのために社員はミッションステートメントを作成して、行うべきサービスの方針を決めることが重要です。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば