プラトー効果を知ってGRITを身につけ経営に活用する|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

プラトー効果を知ってGRITを身につけ経営に活用する

GRIT

目次

プラトー効果を知る

プラトー効果 (英語:Plateau effect)とは、一時的な停滞状態のことです。主に筋力トレーニング時の停滞期を指すそうですが、英会話学習、作業の進歩が一時的に停滞する状態を指す場合にも使われます。身近に停滞期間ですがダイエットも同様な時期もあるでしょう。停滞期間とは成長曲線の横ばいのことです。成果はある時突然に表面化します。

英会話習得におけるプラトー効果について

なぜ、本屋には同じような内容の初級編の英会話の書籍が並ぶのか?その理由は、よく売れるからです、英会話には、このプラトー効果があり、成長しない自分の英会話力を認識して、学習や練習を断念してしまうのです。そして、また英会話を始めるの人、つまりリピーターが多いのです。英会話習得に一番必要なのは、継続だと思います。成長しなくても諦めず練習を続けるGRIT(やり抜くチカラ)が重要で不可欠なものだと考えます。

プラトー効果とは、成長の停滞期の意味です

例えば、私の例で申し訳ありませんが、小学校6年の時に「小さな恋のメロディ」「ロミオとジュリエット」という映画を観て、西洋文化に憧れました。中学生になっても「アメリカングラフティー」という映画や「卒業」などの映画でアメリカに憧れました。私は「アメリカ人になりたい」と思っていました。
英語をDVDや映画などで学んでいましたが、3年ぐらい学んでも一向に上達しませんでした。しかし、高校3年の時に海で出会ったAG(オーストラリア人)と英語で会話できる自分に驚きました。
プラトーとは、停滞期間のことを言うのですが、この停滞期間に私の英語力は徐々に成長するのではなく、低下する時すらありました。しかし、私は「いつの日かアメリカで暮らせるように」と願い続けた結果、英会話を身につけることができました。
29歳の時にNYへの転勤に抜擢されたのも英語力のおかげです。私の小さな夢は突然かなったのです。

プラトー効果を知ればGRITが身につく

心理学者でペンシルヴァニア大学教授のアンジェラ・リー・ダックワース氏は、「才能やIQ(知能指数)・学歴・血筋ではなく、個人のやり抜く力こそが、社会的に成功を収める最も重要な要素である」として、「グリット(GRIT)」理論を提唱しました。
やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
もし、あなたが自分の成長を願い続けていれば、それを「願い続ける」ことが必要だということです。「損得」ではなく、まず自分を信じ、「願い続ける」ことが、GRITとなります。私は、スティーブ・ジョブズのスタンフォード大学の卒業式の伝説のスピーチのなかの「点と点をつなげる」と同様で、「信じ続ける」ことで、「やり抜く力」は身につくのだと考えています。

Q

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば