顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

顧客の価値を重視したウェブサイトコンテンツづくり

経営コンサルティング

目次

ウェブサイトコンテンツづくり

ウェブサイトは、通常の経営コンサルティングでは、多くのアドバイスができない。しかし、この時代、ウェブは経営に強く関わってくる。また。「良い会社」は、ウェブでもその優位に立っていることが多い。
以下の質問に沿って、考えてみましょう。以下の3項目は、多くの企業が陥っている販売についての間違ったアプローチです。
1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか?
2.あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか?
3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか?

1.あなたの会社の商品力・技術力などを顧客は理解できるのでしょうか?

多くの見込み客が、あなたの考えるあなたの商品の優れた点を理解できるでしょうか?それらを説明しても見込み客は、「面倒くさい」「難しい」「ホントかな?」などと感じないでしょうか?顧客は、何かを購入した時に、その後の自己の変化を期待して、購買行動を起こします。あなたのアプローチにより顧客が見出す価値があります。

2. あなたの会社の他者と比べて優位点(強み)はどんなことでしょうか?

絶対的な技術力の差があるのであれば、問題はありません。特に製造業などは、専門的なコンテツに価値を感じるでしょう。しかし、競合他社との差別化できれば問題ありません。そうでない商品や製品を扱っている企業では、早々差別化はできません。であるならば、販売方法の差別化を検討する必要があります。そして、清潔度・親切度・おもてなし度・デザインなどなどの部門で他者より優位なウェブサイトコンテンツを作成することをオススメします。

3.その優位点は、顧客が購入してからでないと証明できない項目ですか?

つまり、購入しなければわからない点だけを追求するより、顧客の購入前にフォーカスした、サービスを高められるコンテンツや実績などをアピールする必要があります。また、お客様の声などのコンテンツをウェブサイトに掲載する必要があります。
これらの内容はウェブマーケテインングというよりも基本的なマーケティングだとお考えください。

SNS:
On Key
最新のブログ
経営理念
経営の優先順位とは?

人は行動するための理由が必要。それが経営理念 立派な経営理念を掲げても、日々の売上や経費の話の会議をしていては、理念が廃れます。理念自体には人格がないのですが、企業は法人なので人格があります。そして、企業理念は企業を成長

経営理念
「経営理念」は、名詞ではなく動詞です。

経営理念とは、名詞ではありません 経営理念は「名詞」ではなく「動詞」です。多くの企業は、経営理念を掲げています。しかし、その理念が単なる「名詞」として存在し、社員の行動や意思決定に活かされていないケースも少なくありません