DXという経営課題に取り組むには?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

DXという経営課題に取り組むには?

DX

DX推進が最大の経営課題だという認識をする

なぜ、DX推進が最新の経営課題であるのかを深く認識する必要がある。そして、その課題は目の前の課題ではないかも知れないが、この時代に生き残り成長を重ねるにはDX推進を進めなければいけないことは、あらゆる書籍に記載されていることなので、ここで説明は眩きます。しかし、10年先を見据えた対応は、10年後には大きな成長を遂げるという事になります。目の前の課題だけに対応しているとDX推進のように、人を育て、システムを育てていくべき投資的な挑戦は不可能になります。そして、変化の被害者となるしかないのです。経営者の仕事はビジョン達成のために「今何をするのか?」を決める仕事になります。それは企業のサイズに関わらず今直面した改題ではない重要な課題」であり目的た察性のためには時間がかかる課題であるから、つい、先送りしがちな課題です。しあkし、この節な割れた2年余りで経済もマーケテイングの考え方も大きく変わりました。DXを推進しなければ企業の成長は望めない時代となりました。

デジタル活用における変化・改革を成し遂げるには

人は変化も好みません。変化や改革が可能になるモチベーションは、明るいビジョンから発生するものと強い危機感から発生するものがあります。後者であれば必死に改革を行うでしょう。そのためには5年後_10年後社会がどう変化しているのか?その時に自社はどうなっているのか?をシュミレーションする必要があります。購買人口・労働者人口・主力産業・世界経済などをマクロ分析が必要になります。それはそんなに難しことではありません。まず、10年ビジョンを明確にして、SWOT分析を行う必要があります。そこで、今のまま進んで自社はどうなっているのか?をイメージする方法をオススメします。人財という資産も数値化して検討する必要もあります。

人財を育成するのが先か?仕組みづくりが先か?DX

DXには人財に関わる様相が高いが日々進化するテクノロジーに対応するのは至難の技です。仕組みづくりをしながら人財を変更して育成する必要があります。これらの手順や計画を最優先事項として対応するべきでしょう。

SNS:

On Key

最新のブログ

補助金申請

補助金申請部門「企業成長のためのに」

経営革新等支援機関(経済産業省認定)民間コンサルティング部門であるATF-C 経営コンサルタント事業部は、当社、経営理念である「企業を未来に繋ぐ」に沿った補助金申請を率先して行って参ります。現在は、IT導入補助金の支援事

コンサルティング

これが「良い会社」をつくるための基本

「良い会社とは? ここで、「良い会社とは?」という定義を伝えておかないと話が前に進まないかも知れません。まず、第一には、高い利益と高い労働生産性の企業。第二には、成長のための挑戦のある会社。第三としては。高い技術力。これ

エフォートレスな経営

エフォートレスな経営の薦め

エフォートレスな経営は時間が貴重になる 年齢を重ねると「やりたいこと、やっておきたいことがたくさんになる」。隠居すれば時間はあるのだが、私には老後の余裕はない。そんな現状で私はエフォートレスで小さな会社を経営しています。