「社員教育を徹底している会社に赤字の会社はない」という話。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

社員教育

社員を育てることが継続的な企業成長が繋がる大切な容易だと殆どの経営者が理解してていることですが?

経営者の多くの方が、経営者の仕事は、現状の問題解決や現状の売上に対応するのが経営者の仕事だと勘違いしているのか?もしくは、状況に流されているのか?と私は感じます。社員を育てることが継続的な企業成長が繋がる大切な容易だと殆どの経営者が理解してていることですがが、自分も正しく学び、その学びを実行しないと、社員教育を徹底する時間を設けることができないです。それは、哲学的な要因・戦略的な要因・行動的な要因のバランスが必要になります。
社員教育・人材育成を第一優先順位として行っていない企業では、まさしく、高速で走れる車のタイヤに山のない状態で走行しているようなもので、無駄なエネルギーを使い目標地点には、ゴールできない。それどころかバーストして事故が発生します。

社員の成長が出来たのが成果で、それ以外になんの成果があるのか?

利益が先か、社員の成長が先かというと「利益」と考えるかもしれない。しかし、その考え方は、「タイヤに山のない状態で走行している」の同様だと私は考えます。もちろん、「利益」は大切です。その利益を上げるための「社員の成長」は重要なことですが、「利益」を優先すると組織の活力が低下するケースも少なくありません。すなわち、社員の成長の機会を逃すことになるでしょう。問題は、「どのように利益を出すために社員を成長されるのか?」という問題である。

企業文化が社員を背丁させる

よって、ミッション教育が重要になります。社員に「自分の使命を理解してもらう!」。この作業にはとても時間が掛かります。しかし、時間が掛かるから今から始めるべき項目であることを忘れないでください。重要なことは、優先順位が高い重要事項なのです。重要事項に最大限のエネルギーを使うのは当然のことではないでしょうか?
結果的には、当然のことをするから「利益」が出るのではないでしょうか?グリップの効いたタイヤで走って、路面の凹凸を吸収して、早く走れるのではないでしょうか?

スターバックスにマニュアルはありません

スターバックスコーヒーには、マニュアルはないそうです。そして、アルバイトでもミッションについての教育を40時間行うそうです。もちろん、この40時間には給与も支払われます。高いレベルの教員をする必要はありません。人としてミッションを明確にして人生の大切な時間であることを徹底的に教育する必要があります。マーケティングには、インターナルマーケティングという「社員のやる気を高めて売上を拡大する方法」やコトラーのマーケティング3.0の人間らしい企業のマーケティングの見本のような企業が、広告を一切しないスターバックスです。

第三者が参入するから可能になる企業文化再構築のキックスタート

毎日顔を合わせている上司や仲間、部下などと、「さあ、今日から変わろう!」といってもなかなか変化ができません。ですから、私たちのようなコンサルティングが必要になります。現状の分析・そして対策。すべてを経営者が行うのは、とても非効率で非効果的な作業になります。

行動の第一歩は無料相談から

slide-1.jpg
松本市 信毎メディアガーデン3F 2020年2月26日(水)13:30〜15:30 参加費無料
営業力を強化するための デジタルマーケティング活用セミナー
あなたは、今のままでの営業戦略・Web戦略・顧客管理で満足していますか? もし、これらの問題を同時に解決して、生産性向上ができる策があるとしたら、どうしますか? この課題を克服させるための障害は、経営者がデジタル化の必要性を感じていない点、もしくは、その情報の不足にあります。「自分が苦手だから・・・」と言い訳すのは自由ですが、それでは、自社の未来の可能性を放棄したことになりませんか? また、自社のデジタル能力の不足も問題です。これらの理由で生産性が高まらないのではないでしょうか? 何でもできる魔法の戦略などありません。費用・時間・人材を透過することによって、営業力が強化でき、顧客や地域から愛される会社が作れる方法を知る必要性はありませんか? あなたが今できること「時間を作ってセミナーに参加する!」ことではないでしょうか?
70b48ef14f776bb04700aa286eaf1f59_m.jpg
松本市 松本ものづくり産業支援センター1F 研修室2 2020年3月13日(金)13:30〜15:30 (開場時間 13:15) 参加費:4,000円(税込/前払い)
顧客志向から人間らしい企業への成長マーケティングの「マ」を学ぶセミナー
本セミナーは、マーケティング2.0から、3.0へ。そして、時代の流れにそった会社経営を行うための重要なスキルを、自社にとりいれるために必要な、小さな会社に適したマーケティング戦略術をお伝えします。 ブランディング・デジタルマーケティング・人材育成に、役立つ内容となっております。
AL101_natuin0120140830001_TP_V.jpg
CRM HubSpot ATF
企業成長支援型インバウンドサービス
Web&CRMで「マーケティング」と 「営業の連携」から生産性向上を実現させる! HubSpot CRM/MAは、世界95カ国1万8000以上の企業に利用されており、 これはマルケトやパードットの約3倍以上にあたります。 そんなHubSpot製品を長野県の企業の皆様にATFがお届けします。

最新の経営コンサルタントブログ

新型コロナ

私たちは、新型コロナ対策でな何を学んだのか?いや、何を学ぶべきなのか?

コロナ対策でな何を学んだのか? 新型コロナ対策のメリットを考えてみました。「道路が空いていて移動しやすい」「納期が遅れても新型コロナの影響だと言い訳できる」「自由な時間をできた」などなどが新型コロナ対策による自粛について

記事を読む »
【特集】withコロナの時代「新しい時代の働き方」〜小室淑恵氏(ワーク・ライフバランス代表取締役社長

withコロナの時代「新しい時代の働き方」

変わるしかない時代のの変わり方 あの国会でのプレゼンはとても素晴らしかった小室さんのyouTubdeをみました。私たちが、いくら「変わらなければ・・・!」と言っていたことが、いま当然のように変えることを多くの経営者が意識

記事を読む »
アドラー心理学

経営者なら出来ることを探す能力はあります。

新型コロナウイルスで売上がなくなっても 経営するということは、何のギャランティも無い世界に入ったということで、その覚悟が必要です。つまり、新型コロナウイルスで売上がなくなっても誰の責任でもなく、現実を受け入れた経営者の責

記事を読む »
新型コロナ

現実を受け入れてください!正しい情報はマスメディアの報道にはありません。

現実を受け入れてください。人類の全滅のときに当事者になることを・・・ 経営について、新型コロナ対策を求められても、私自身、ビジネスのことより人類の問題だとこの問題を捉えています。命あってのビジネスです。人生です。もっと危

記事を読む »
2020挑戦

新年度を向かえて、こんな考え方でATF-Cは進めます。

経営方針を新年度を向かえて考えてみました 新年度は混迷の極みの中で始まりました。私は姿勢を低く、できるだけ自分を消し、社員・お客さま・社会を世界地図の真ん中に置き、想像力を豊かに、そして、テニスプレーヤーのように、どこに

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード