社員教育の前に正しいリーダシップ教育を|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

社員教育の前に正しいリーダシップ教育を

10年ビジョンセミナー

経営者が変わらないと社員は変わりません

多くの経営者から社員の問題について相談を受けます。そして、ほとんどのケースが経営者、もしくは上司に問題があるのです。「社員のやる気を出させたい!」と言われても、今の社員に「やる気を出してください!」と言ってもコントロールはできません。そして、社員教育をしても現場に戻れば学んだことも経営者や上司がぶち壊してしまいます。また、生産性を高めたくても上司や経営者がムダを作ります。経営で一番大切なのが、人をマネージメントするということです。まず、経営者が変わらないと会社は変わりません。社員教育にお金と時間を使う前に、時代にあったリーダーシップ教育を経営者自身が行ってください。
AIの時代を迎えようとしている今、誰でもできるような作業をしている社員の将来はありません。正しいリーダシップ教育を受けて、正しい社員教育をしましょう。
10年ビジョンセミナー
「未来が見えると今が変わる」10年ビジョンセミナーの画像です。

まずはビジョンを決めて

自社のミッション・自分の与えられたミッションを定めビジョンを設定してください。そのビジョンに向けて、社長変化が企業の変化になります。そして、社員教育が行なえます。変化に対応できる企業を作るためには、まず、ガラ携を捨てて、iPhone Xを購入するところから社長の変化が始まります。これは冗談では無いのです。時代の変化をまず、スマホで確認して時代感覚を養って、新しい時代を向かい入れられる経営者として変化しなければなりません。

無料Webでのセミナー:マーケテインングの「マ」PART2 
4月10日(金)16:00〜18:00

セミナーテーマ:マーケテインング4.0 差別化のマーケティングからの脱却

最新の経営コンサルタントブログ

2020挑戦

新年度を向かえて、こんな考え方でATF-Cは進めます。

経営方針を新年度を向かえて考えてみました 新年度は混迷の極みの中で始まりました。私は姿勢を低く、できるだけ自分を消し、社員・お客さま・社会を世界地図の真ん中に置き、想像力を豊かに、そして、テニスプレーヤーのように、どこに

記事を読む »

「勇気」ある経営判断力を養うために

「勇気」こそ優秀な経営者には絶対的な要素 「石橋を叩いて渡る」という言葉があります。2つの意味があるそうです。一つは、「用心深」で、もう一つは「臆病」という揶揄となります。しかし、私は、経営者にとってどちらも大切だと思い

記事を読む »
経営哲学

新型コロナ対策は「ニーバの祈り」から「経営哲学まで」経営コンサルタントとの会話。

嫌われる勇気を読んで、アドラーの哲学を学びませんか? 先日、経営コンサルタントとお茶をしているときの話です。私も尊敬する知的で論理派の彼は、私のメルマガの購読者で、先週のメルマガの「ニーバーの祈り」のフレーズを気に入って

記事を読む »
マーケティング

質の高いマーケティングの実装するには?

質の高いマーケテイングとは ただ商品を売る。目の前の「売上高」にコミットしたマーケティングではなく、継続的な企業の成長が望めるマーケティングの概念とその概念を活用した手法であるマーケティングを区別して業績UP戦略に採用す

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

無料!Webでのセミナー:
マーケテインングの「マ」PART2

4月10日(金)16:00〜18:00

セミナーテーマ:
マーケテインング4.0 差別化の
マーケティングからの脱却

「ZOOM」を活用したWebセミナーです。
安全なオフィスや自宅で参加していただける
無料LIVEセミナーになります。