継続できる企業の条件|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

継続できる企業の条件

長野経営コンサルティング

目次

こんなときでも修正できる企業経営とは?

例えば新型コロナの影響やウッドショック、または製造業においては半導体不足など、例え誠実に経営を行っていても逆境に遭遇するときはあります。その時に修復ができる企業が継続できる企業の条件となります。どんな企業でも深い谷間に落ちることはあるでしょう。ある経営コンサルタントは「偶然成功している企業が多い」と言っていました。私は「偶然」でも「幸運」でもそれは経営者や社員の努力の結果だと思いますが、「継続」というキーワードについては、そのコンサルタンとに同意します。そえれは企業の経営する要素において不足した要素があるからだと考えます。

企業の要素10項目

以下の10は掛け算によって企業の成長は成立sるのではないでしょうか?つまり、一つの項目もマイナス要素があれば成長は鈍化します。もしくは企業継続が危機に遭遇したときに対応できなくなります。

・経営戦略
・財務戦略
・営業戦略
・マーケティング戦略
・プロダクト戦略
・組織戦略
・業務戦略
・人事戦略
・DX戦略
・Web戦略
(広告戦略・ブランディング)

危機に対応できるチカラとは?

大切なのは、売上を上げるためのプロダクトではなく、売上を上げるためのリソースを整えることが重要になります。そのためには我慢のときもあるでしょうが、緊急時やこんなに遭遇しても修正のできる企業となるでしょう。大手企業は全てこの要素を組織に組み込みます。小さな会社では経営者が一人で多くを担うこともあるでしょうが、企業の規模や目指す目標値に応じて必要な要素になります。

リーダーシップとマネージメントを区別した経営

リーダーシップは経営者の仕事です。それは目の前の課題ではなく、自社の進む方向性をしまえします。そして、マネージメントとは、リーダシップにより示された方向に向かえるように管理運営することです。同時に経営者が行うこともあるでしょうが、しっかりとこの2つの要素を区別して経営する必要があります。このれが経営戦略に反映され、経営計画の立案における要素になります。

SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば