経営者のための不安感を克服する方法。|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

経営者のための不安感を克服する方法。

マインドフルネス

目次

経営者の大敵である不感安を克服するには?

まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだと誰もがわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来のことは誰にもわからない」ということになります。原則を知っていても、それでも不安感に襲われることはあるでしょう。そんなときは、その不安感を素直に受け入れることです。新しいことや何かの危機感を感じて不安感が発生するのは当然のことです。そして、行ってみなければ結果がわからないとも、すべての経営者も理解はしているでしょう。それでも不安感に襲われます。そんなとき私は「来た来た、今が挑戦のときなんだね」と原則を振り返ります。そして、5分程度のマインドフルネス(瞑想)を行うことで心を穏やかにします。

やってみないと結果がわからない

「やってみないと結果がわからない」ことも原則です。それでも不安感に襲われるのは結果にフォーカスし過ぎているのでしょうか?結果はその時でなければわからないことです。であれば今できることにフォーカスするべきです。不安感は喫煙と同じで害はあっても利益はありません。そして、「やってみないと結果がわからない」なら小さくまずやってみて、その結果に対して対応策を立てるということも重要でしょう。マーケティングはテストです。現状の結果がわからないと問題や課題を見つけることもできないのです。

判断に迷ったら

両方のプランがあって判断に迷ったら、2つやるか、どちらかを選んでも結果は同じだということを理解しましょう。だから迷うのです。そして「やるかやらないか」に迷ったらやる方を必ず、5秒で決めましょいう。5秒で決めないとやらないための言い訳を脳が探し出します。メル・ロビンズの5秒ルールの動画で確認してください。

自分を変えるのに必要な時間 || メル・ロビンズ

完璧をもとめない

完璧主義は現在で発揚しません。まず誰よりも早く挑戦すればフィードバックが得られます。業界の常識を崩した企業しか成功していない今、あなたの常識が成長の足止めになっています。今の最適化で世に商品を出してみる、。常に新しい挑戦を楽しむ。これで不安感などなくなります。また、承認欲求が高いとこの不安感は高まります。誰かによく見られたいという意識は不要です。自分を信じ経営を行うべきではないでしょうか。

まずは無料相談をしてみる

SNS:
On Key
最新のブログ
経営革新等支援機関
405事業(経営改善計画策定支援事業)の補助金

405事業(経営改善計画策定支援事業とは 405事業(経営改善計画策定支援事業)は、中小企業・小規模事業者等が、経営の改善を図るために策定する経営改善計画の策定を支援する事業です。 この事業の目的は中小企業・小規模事業者

事業承継
事業承継を行う準備

事業承継のための経営計画を作る 数年後、事業承継を行うという企業からの相談とコンサルティングの依頼が増えています。どの案件も経営者の課題は人財の確保となります。組織の年齢バランスが高齢化しています。ある程度の形を整えて事

経営コンサルティング
1歩踏み込んだ経営コンサルタント

1歩踏み込むとは? 多くの経営コンサルタントが、手法などのアドバイスや経営的なコーチングなどとなるケースを耳にします。しかし、ATF-Cは、人事なら人事部長の代行的な作業も行います。経営コンサルティングはKPIを各戦略を

人財採用コンサルタント
人材不足を解消できるのか?地方の中小企業。

人事部の仕組みがない企業様へ 地方では、都市部と比べて人材不足が深刻な問題となっています。そのため、人材を確保するためには、高賃金や福利厚生などの待遇を充実させるだけでなく、働きやすい環境を整えることが重要です。また、人