コロナ禍で有効なマーケティングとは?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

コロナ禍で有効なマーケティングとは?

マーケティング

コロナ禍に有効なマーケティングでチャンスを見出す

コロナ禍での経済的ダメージは計り知れません。しかし成功している経営者は問題ではなく、チャンスにフォーカスします。これはドラッカー経営を学んでいるからかもしれません。どんな企業でも危機的状況を迎えるときがあります。ジム・コリンズ (著)のビジョナリー・カンパニーにも、危機を一度乗り越えた企業とのことが記載されていました。
多くの国民が自粛ムードで自宅での年末年始過ごすと想定されます。であるならば、ここはWebを活用するしかありません。集中したWeb戦略をするためには、正月休みに集中して宣伝を行う必要があります。

コロナ禍でできる戦略

ここでは、チャンスを見出す話ですが、もう一つの戦略は「死んだふり」をするという戦略があります。要するにアフターコロナを見据えた戦略です。市場が活性化されないときに無理矢理販促活動をするより、それにかかる時間や経費を抑えて、人材育成に時間を設けることができます。これも考えてみればチャンスです。質の高い人材を開発するのが経営者の仕事となります。人材を育成するには時間がかかります。そのためこの時期に人材育成を考えては如何でしょうか?

更にチャンスを見出すマーケティングとは

問題をフォーカスするのではなく、この問題を解決した先にどんなチャンスがあるかを考えましょう。問題は、最終的に企業が成長するれば成功の要因になります。しかし失敗すれば、それが企業業績悪化の原因になります。私的には、コロナで苦しんでいる会社の現状など知りたくもないし、それらのZOOM講演などへは参加しません。つまり、これからの時代心理学を学ぶことをお勧めします。人がすべての要因となる時代です。それはDXではなく、デジタルではなく、企業の考え方を変えるチャンスとなります。どんな逆境でもチャンスを見いだせる人材を育成することが必要な時代となります。そして、正しい人間として社員を育てることが経営者の役割だと私は考えます。

最新の経営コンサルタントブログ

長野経営コンサルティング

継続できる企業の条件

こんなときでも修正できる企業経営とは? 例えば新型コロナの影響やウッドショック、または製造業においては半導体不足など、例え誠実に経営を行っていても逆境に遭遇するときはあります。その時に修復ができる企業が継続できる企業の条

記事を読む »
マインドフルネス

経営者のための不安感を克服する方法。

経営者の大敵である不感安を克服するには? まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだと誰もがわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来

記事を読む »
経営者はメガネを選ぶ

経営者はメガネを選ばなければならない!

見方が考え方を変え行動を変える 心理学的な話になりますが、「現実」とはそれを感じる人の味方なのです。実際に行ったことで、それぞれの人が評価を下すのです。ですから、それぞれ異なるということです。当然のようにその「現実」に対

記事を読む »
人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print