働き方改革・労働生産性向上の成功の鍵

働き方改革・労働生産性向上の成功の鍵

経営コンサルタント・社労士ではないしえない改革

その昔、日本の工業はオートメーヨンオ活用で飛躍的な成長を果たしました。しかし、現在の労働生産性は、先進国最下位です。そして、国はご存知の通り「働き方改革」を促進しているのです。
「何故、改革が簡単に行えないのか?」という疑問が発生します。それは、業務改善について、オートメーションを活用していないからです。つまり、人は自己の意志で「変化」を行うという目的を設定しても「変化への恐怖」の意識が芽生えます。それは、「何かを失う」と恐怖心から発生するのです。であれば、「どのように変化を行うのか?」言うことになります。

人の意識はテクノロージの変化に基づく

その昔、主婦は家事と言う仕事の時間を家電の進歩により、短縮され、社会に進出しました。そして、仕事の形や家族のスタイルに大きな変化をもたらせました。このように女性が自らの時間を改革してに社会に進出したのではなく、テクノロジーの進歩により社会のスタイルが変化したのです。企業における業務もITの活用により、働き方は改革されるのです。

ITがわからない経営コンサルタントでは何もできない。

ITを活用するコトができなければ、これからの経営は成り立ちません。現在はBIツールという手頃なか下記で導入できるツールが注目を浴びています。営業者マーケティング・社内業務を大きく改革します。また、2016年程度からグーグルでは、チェンジマネージメントを推奨しています。これらはグーグルの商品を活用して労働生産性を向上させて、「働き化改革」を行うということです。

ただ、働く時間を短縮化させるだけではなく!

働く時間をただ短縮しても企業は成長はしません。ここで必要なのは、人よりITの方が優れている業務はIT化して、人でなければできない作業に注目した業務改革が必要です。そして、そこにはブランディング・マーケティング・営業・Web・プロダクト・財務などの戦略と絡める必要があります。それには、ITが分かる経営コンサルテイングを活用する必要があります。

業績アップと働き方改革

大切なのは、「働き方改革」を行いながら業績を拡大するということです。企業が成長を止めてしまったら、その先は衰退あるのみです。ですから、どうIT化を取り入れるのかが最大のテーマになります。「何かを失う」という恐怖感ではなく、「何かを成し遂げる」という意識改革が必要になります。

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Your comment:

Your name: