2022年小さな会社のマーケティング|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

2022年小さな会社のマーケティング

マネージメント

マーケティングという言葉の捉え方

経営の神様と言われた亡きドラッカーは、「企業は顧客との関係しかない」・「経営者の仕事はマーケティング」・「マーケティングは営業を不要にする」などなどの言葉を残しました。しかし、日本の経営者、特に地方の小さな会社(社員数100名以下程度)の企業の経営者はこのマーケティングという言葉を間違って理解しているようにも思えるです。ところが経営の中でマーケティングらしきものを意識なく知らず知らずに行っています。私はマーケティングを「顧客を見る」と定義します。顧客の価値観は変化します。満たされた欲求は、欲求にならないように、顧客に与えた満足度などときとともに顧客の意識から消えます。そんな世の中で、経営者という視点を捨てて顧客という視点で経営が果たしてできるのだろうか?私自身も深のだと思うときがあります。だから、信頼できるコーチが必要になるのではないでしょうか。私はそんなコーチを目指します。

顧客の視点になれないのであれば?

「顧客目線」と言われても・・・いや、経営者だって何かを購入している顧客となるのです。何故、その商品に興味を惹かれ、そして購買行動を実行したのか?ここでは論理的な会社と分析力が必要になります。もう一つは思い込みによる挑戦です。そして、その先には「失敗」という言葉が待っています。そこで、「失敗」を「後悔」という言葉に進展させるか、「成功に導く通過点と考えるか?」だけで結果は大きく異なります。「後悔」をする人には挑戦を続けることはできません。結局、マーケティングに重要なのは、信念や勇気なのかも知れません。ですが、確かに経営の技術というマーケティングの概念が存在するのです。GIVE AND TAKEではなく、時代はSDG’sが唱えるように継続した地球で企業を営むには社会性や確かな良心が必要な時代であり、損得の世界ではないということになります。わかりやすく解説すると「楽しんでやる」ということです。それは大谷選手のように既存の概念などなく、本来の遊びの延長線であったベースボールのそもそもの概念を全うしているということになります。そして社会に貢献する社会にとって必要であるたった一社である必要があります。希少価値という価値を創造するしか、小さな会社の生き残る道hがないのでしょう。

SNS:

On Key

最新のブログ

イノベーション

中小企業経営から退く!

私たちは今どんな経営課題を抱えているのだろうか? 新型コロナ・ロシアによるウクライナに対する軍事侵攻・半導体不足・燃料高騰・地球温暖化などなど自社では解決が不可能な課題が山積みになっている。 アメリカの軍需産業は、ベトナ

DX

間違いだらけのDX。小さな会社がDX推進するには?

現在の仕事の流れ合わせるのではなくデジタルシステムにに人を合わせる 「DXを推進しなければと、自社の未来はない」と考えている経営者はどのくらいいるのでしょうか? 「DXをやらなければな〜」という経営者は沢山いるでしょう。