経営者の意識が小さな会社の成長度を決める|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

経営者の意識が小さな会社の成長度を決める

コンサルティングナガノ

目次

今が変化の時?

10年で9割の会社が倒産すると言われています。割合的には10社のうち1社しか生き残れないのです。であるならば、他社と同じようなことをしたり、自社を変化に対応していかなければならないことが明確に証明されます。多くの企業のプランは同業他社を見て対応します。帝国データバンクの統計データによると、企業の10年後の生存率は約70%、20年後に約52%となっています。大企業の数々も含めても、20年後には約半分しか生存していないということです。現実の数字に開きがありますが、20年の歴史を掲げられる企業は半分しか存在しないということです。
ここで倒産という文字に騙されてはいけません。しっかりと利益を出している企業がどれだけ残っているかという問題があります。中小企業では、経営者の意識でだいぶ成績も変わるように思えます。高い意識のある経営者でなければなりません。しかし意識だけでは長年生き残ることができません。販売している商品の価値が継続されなければ、常に変化をしなければなりません。「今が変化と時」と感じられて、実践できた経営者だけが生き残れるかもしれません。

クリエイティブ・ビジネスコンサルティング

月額132,000円(税込)【6か月分を一括支払いの場合】 ※通常月額154,000円(税込) 残り5社です。
SNS:
On Key
最新のブログ
経済産業省
経営改善計画の支援

銀行返済のリスケだけが目的ではない 経営改善計画は、当社のような経済産業省認定の経営革新等支援機関に経費の2/3を支払ってくれる405事業補助金となります。事業再生や事業改善を目的とした計画の立案と金融機関へのリスケ策を

原則的な経営(小さな会社のマーケテイング)

なぜ原則を重んじる経営が必要なのか? 原則的な経営とは、論理的ではなく人間関係にフォーカスした経営となります。顧客も人間です、社員も人間だからです。それは、人間は論理的に行動するわけではないのです。気分の悪いときもあれば