強い会社を作るには、どうしたらいいのだろうか?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ​
長野コンサルティング事業部

強い会社を作るには、どうしたらいいのだろうか?

社員教育

「我々は何者か?」を明確にする経営

この問いはドラッカーの「経営者への5つ質問」にもありました。意外と明確ではない企業が多いのも事実ではないでしょうか?更に全社員が「我々は何者か?」の答えを共有できている企業はあまり見受けません。そこが、共有されないと企業ミッションも構築できない。さらに「経営理念」が「我々は何者か?」とはリンクする必要がありますね。

ところで「強い会社」の定義って何?

「強い会社」とは、「雲の上を飛ぶ会社」と同意語だと私は考えます。つまり、外部環境に左右されず、仕事を楽しむ社員の集まりで、「我々は何者か?」の答えが全社員一致するような会社ではないだろうか?

  1. 挑戦を続け
  2. 変化を受け入れ
  3. チーム力が高く
  4. 各自が自らの成長目標を持っている
  5. 教諭された目標

上記の要素が必要になります。まるでザッポスのクレドのようなものです。

「強い会社」を目指すには?

「経営」を学び、社員の幸せを心から願い、それに対する行動ができる経営者になることであろう。もちろん、自分よがりではなく、謙虚・礼儀・誠実などの要素があり、行動力・自制心が強く、大きな夢を持っことも重要だろう。これらが出来ると競合他社に圧倒的な差をつけることが出来るのではないでしょう。そして、時刻から贈られたプレゼントを紙から贈られたプロ以前とに変えることができる力を備えることでしょう。

「強い会社」のミッション力

強い会社は、「3人のレンガ職人の話で、レンガ職人がただレンガを積んでいる仕事をしているのではなく、「後世に残る事業に加わり、世の中に貢献することが目的」で仕事をしている社員のいる会社が強い会社でしょう。その為には、やはり社員教員が重要になります。それはOJTによりサービスを視点に考えるべきです。

スターバックス・オリエンタルランドなどは、アルバイトにも多くの時間を使ったミッション教育をしています。正社員なら更に高いミッション教育が必要になるのではないでしょうか?
社員教育について、ATFコンサルティングでは、ご相談をお待ちしております。

最新の経営コンサルタントブログ

長野経営コンサルティング

継続できる企業の条件

こんなときでも修正できる企業経営とは? 例えば新型コロナの影響やウッドショック、または製造業においては半導体不足など、例え誠実に経営を行っていても逆境に遭遇するときはあります。その時に修復ができる企業が継続できる企業の条

記事を読む »
マインドフルネス

経営者のための不安感を克服する方法。

経営者の大敵である不感安を克服するには? まだ発生していないことに不安感を抱くことは愚かなことだと誰もがわかっていることでしょう。そして、誰にでも不安感は発生するでしょう。それは人生でも経営でも同じです。原則とは、「未来

記事を読む »
経営者はメガネを選ぶ

経営者はメガネを選ばなければならない!

見方が考え方を変え行動を変える 心理学的な話になりますが、「現実」とはそれを感じる人の味方なのです。実際に行ったことで、それぞれの人が評価を下すのです。ですから、それぞれ異なるということです。当然のようにその「現実」に対

記事を読む »
人財育成

社長!「あなたの仕事は人材育成ですよ!」

強い企業を作るには? コロナ禍を機に日本の労働市場は大きく変化しました。それは“働き方”だけでなく、”必要な人財像”も同様に変化したのではないでしょうか?正解のない時代に「何を正解として人材戦略を

記事を読む »
コンサルテインングのすすめ

理想から現在のギャップを埋める中期経営計画作成

ゴールを確認して今を分析する事から始める 東大生などの優秀な学生は正解から問題を得ると言われています。同様に企業も目指す理想形から現在のギャップを埋めます。長期ビジョンから中期経営計画を作成するときに一番大切なのは現状分

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print