強い会社を作るには、どうしたらいいのだろうか?|コンサルティング ファーム NAGANO ATF

株式会社 エイ・ティ・エフ

長野コンサルティング事業部

強い会社を作るには、どうしたらいいのだろうか?

社員教育

「我々は何者か?」を明確にする経営

この問いはドラッカーの「経営者への5つ質問」にもありました。意外と明確ではない企業が多いのも事実ではないでしょうか?更に全社員が「我々は何者か?」の答えを共有できている企業はあまり見受けません。そこが、共有されないと企業ミッションも構築できない。さらに「経営理念」が「我々は何者か?」とはリンクする必要がありますね。

ところで「強い会社」の定義って何?

「強い会社」とは、「雲の上を飛ぶ会社」と同意語だと私は考えます。つまり、外部環境に左右されず、仕事を楽しむ社員の集まりで、「我々は何者か?」の答えが全社員一致するような会社ではないだろうか?

  1. 挑戦を続け
  2. 変化を受け入れ
  3. チーム力が高く
  4. 各自が自らの成長目標を持っている
  5. 教諭された目標

上記の要素が必要になります。まるでザッポスのクレドのようなものです。

「強い会社」を目指すには?

「経営」を学び、社員の幸せを心から願い、それに対する行動ができる経営者になることであろう。もちろん、自分よがりではなく、謙虚・礼儀・誠実などの要素があり、行動力・自制心が強く、大きな夢を持っことも重要だろう。これらが出来ると競合他社に圧倒的な差をつけることが出来るのではないでしょう。そして、時刻から贈られたプレゼントを紙から贈られたプロ以前とに変えることができる力を備えることでしょう。

「強い会社」のミッション力

強い会社は、「3人のレンガ職人の話で、レンガ職人がただレンガを積んでいる仕事をしているのではなく、「後世に残る事業に加わり、世の中に貢献することが目的」で仕事をしている社員のいる会社が強い会社でしょう。その為には、やはり社員教員が重要になります。それはOJTによりサービスを視点に考えるべきです。

スターバックス・オリエンタルランドなどは、アルバイトにも多くの時間を使ったミッション教育をしています。正社員なら更に高いミッション教育が必要になるのではないでしょうか?
社員教育について、ATFコンサルティングでは、ご相談をお待ちしております。

最新の経営コンサルタントブログ

アフターコロナ

アフターコロナ:変わるものを追いかけるのではなく、変わらない原則を徹底する。

アフターコロナ、「あなたのビジネスはどう変わるの?」 自らが望んだ変化や変革・改善なら好ましいが、外部環境の変化に流された変化は事業自体にストレスが発生します。望む方向ではなく、強いられたものであるなら、それはストレスで

記事を読む »
デジタル化

何故、この時期に増収増益になるの?

何故、この時期に お金を追いかける人は、お金に振り回される経営をする。その理由は、その人の価値が、お金だからなのです。人に与えることが価値とする人は壁にボールを投げ込むように、与えた結果が速度やエネルギーを増加させ与えた

記事を読む »
新型コロナ

私たちは、新型コロナ対策でな何を学んだのか?いや、何を学ぶべきなのか?

コロナ対策でな何を学んだのか? 新型コロナ対策のメリットを考えてみました。「道路が空いていて移動しやすい」「納期が遅れても新型コロナの影響だと言い訳できる」「自由な時間をできた」などなどが新型コロナ対策による自粛について

記事を読む »
【特集】withコロナの時代「新しい時代の働き方」〜小室淑恵氏(ワーク・ライフバランス代表取締役社長

withコロナの時代「新しい時代の働き方」

変わるしかない時代のの変わり方 あの国会でのプレゼンはとても素晴らしかった小室さんのyouTubdeをみました。私たちが、いくら「変わらなければ・・・!」と言っていたことが、いま当然のように変えることを多くの経営者が意識

記事を読む »

SNSで経営のお勉強

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on pinterest
Share on print

HubSpotのすべて

ダウンロード